週刊ムー語教室/北米に生息する毛むくじゃらの獣人UMAたち

文=こざきゆう

ビッグフットだけではない!

知っているようで知らない〝ムー的用語=ムー語〟をわかりやすく解説する、「ムー語教室」。今回は、北米大陸に生息する「獣人UMA」のご紹介です。

 

第61回:「アメリカの獣人」

  1.  「獣人UMA」とは、全身毛むくじゃらで二足歩行する未確認動物。
  2.  目撃報告や写真、足跡や体毛などの痕跡が見つかることもあり、実在の可能性が高いものも多く存在する。
  3.  科学的な調査が始まったビッグフットをはじめ、奇怪な現象を起こすユッカマンなど、アメリカ大陸からは多様な獣人UMAが報告されている。

水棲獣、怪鳥、地球外生物、異次元生物、絶滅生物の生き残り……世界各地から報告される未確認動物=UMAは、当然ながらじつに多様です。

なかでも、「獣人」UMAは全身毛むくじゃらで二足歩行するという共通項はあるものの、目撃される地域も広く、姿はさまざま。足跡や糞、体毛などの痕跡が見つかることも多いことから、誤認ではなく実在の信憑性が高いものも数多くいます。

そこで、今回の「ムー語教室」では、“獣人UMA大国”アメリカ各地で報告される代表的な獣人UMAを紹介します。

bigfoot

まずは、世界でもっとも有名なUMAの一種、ビッグフット(カナダではサスカッチ)。アメリカ、カナダの山岳地帯に棲息するとされ、これまでの目撃報告総数は2400件以上にものぼります。体長約2.5メートル、体重200~350キロ、全身は褐色や灰色の体毛に覆われ、長い腕にがっしりとした体躯、名前の由来となった35~40センチの大きな足が特徴です。

1967年にはビッグフットが森を歩く姿が動画で撮影されています。この映像は「パターソン・フィルム」と呼ばれ、その真偽を巡って大論争に発展、世界中でセンセーションを巻き起こしました。また、2012年には、アメリカ、アイダホ州立大学がビッグフットの科学的調査を開始した、と発表されました。実在が証明される日は、近いかもしれません。

Skunk_Ape2

ビッグフットとならび、衝撃的な写真が何度も撮影されている獣人がいます。フロリダ州周辺の森に潜む、スカンクエイプです。全長約2メートル、体重約150キロ以上、体毛は赤褐色で、ビッグフットよりもオランウータンのような類人猿に近いと考えられています。1942年から現在まで目撃があり、近くで目撃した人々の証言では「まともに目を開けていられないほど強烈な悪臭を放つ」と共通しています。なお、オランウータンの誤認との発表もありますが、アメリカの野生に棲息していません。

悪臭を放つアメリカ大陸の獣人はほかにも報告されています。

たとえばノビー。1970年代、ノースカロライナ州クリーブランド群で目撃が続いた、全長1.8~3メートルほどの獣人です。悪臭のほか、頭部の毛先がトサカのようになっているという特徴があります。当時、マサチューセッツ大学などが調査しましたが、原因不明の打ち切りに終わり、同時に目撃も途絶えてしまいました。ところが、2009年ごろより再び目撃されだしたのです。その原因はまったくわかっていません。

また、アーカンソー州ミラー群フォウク地区の沼地周辺には、腐った生ゴミのような悪臭を振りまくフォウク・モンスターが目撃されています。全長1.8~2.3メートルで、長い指の先には鉤爪を持ちます。性格は凶暴で、家畜のブタを食べるためでもなくただ殺害した事件や、人家の敷地に侵入して人に怪我をさせる事件も起きています。1940年代に40件にもおよぶ報告が集中してあり、その後も断続的に出現しているようです。

yuccaman1少し変わりダネの獣人も目撃されています。それがユッカマンです。カリフォルニア州UFO多発エリアとして知られる町ユッカ・バレーに棲息します。

全身は濃い灰色の剛毛に覆われ、全長約2メートル。これだけなら他の獣人の報告と大きな差はないように思えますが……じつは、目撃談には不思議な現象がともなうのです。

1971年、海軍基地では、ユッカマンが兵士に突然近づいて来るという事件が起きました。兵士はあわててライフルを発砲しましたが、その瞬間、雷に撃たれたような衝撃が走り、意識を失ったのです。しかも、兵士が倒れていた現場には、折れ曲がったライフルが落ちていました。さらに2011年にはユッカ・バレー付近を車で走行中の若者らが、岩場を歩くユッカマンを目撃。好奇心から追跡をしようとした瞬間、ユッカマンは周囲に溶けるように消えてしまいました。

このように、ユッカマンには超常的な能力があり、ただの獣人ではないのかもしれません。

アメリカ大陸だけでもさまざまな獣人UMAの報告は、枚挙にいとまがありません。いうまでもなく世界に目を向ければ、さらに多くの獣人が存在します。次回の「ムー語教室」では、アメリカ以外の獣人をみていくことにしましょう。

文=こざきゆう

  • 1

この記事と同じトピックを探す

関連記事

編集部おすすめ

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  • トータル