週刊ムー語教室/予言書の原典「死海文書」

文=こざきゆう

20世紀最大の考古学的発見

知っているようで知らない〝ムー的用語=ムー語〟をわかりやすく解説する、「ムー語教室」。今回は「死海文書」です。

 

第65回:「死海文書」

  1. 1947年に偶然見つかった『死海文書』は20世紀最大の考古学的発見のひとつ。
  2. 予言者集団クムラン教団が記したもので、多くの予言書の原典とされる。
  3. 2018年に人類最後の日をもたらす最終戦争を予言している。

 

1947年、死海付近の羊飼いの少年が、群れからはぐれた1頭の羊を捜し歩くうち、断崖の洞窟に壺を発見、壺の中には7巻の巻物が収められていました。これが、のちに「20世紀最大の考古学的発見」のひとつに数えられる『死海文書』の一部です。そして1956年までに、11の洞窟からおよそ972種、40巻におよぶ膨大な『死海文書』が発掘されたのです。

Great_Isaiah_Scroll

 

なぜ、『死海文書』が〝最大の考古学的発見〟とされるのかといえば、文書の内容が『旧約聖書』の正典、外典、偽典などの写本や、古代ユダヤ教の聖典、聖書解釈、擬似聖書文学、占星術文書などからなり、これまでまったく知られていなかった謎の文書も含まれていたからです。いわば、初期のキリスト教の解明の手がかりとなる資料となるものでした。

これら文書群はいずれも、古代ユダヤ教の一分派であるエネッセ派のクムラン教団が、紀元前2世紀から紀元後2世紀までに記したものと判明しています。彼らは『死海文書』が最初に発見された洞窟近くを本拠地にし、厳しい戒律を守り、禁欲的な生活を送っていたとされます。そして、彼らは予言者集団だったといわれています。

実際、発見された『死海文書』には、『新約聖書』「ヨハネ黙示録」や『コーラン』の予言などの重要な予言書の原典とみられるものもあります。また、『死海文書』が伝える予言には、すでに成就しているものから、未成就のものまで数多くあるのです。

たとえば、クムラン教団の設立趣旨や規則など守るべき原則を記した「会衆規定」。その第1章第1節には、「世の終わりにひとつに集まったイスラエルの全会衆のための規律」とあります。これは、1948年、世界中に離散していたユダヤ民族が、1900年ぶりにパレスチナにイスラエル国家を再建したことを予言しており、すでに成就しています。そして、そのときが「世の終わり」の始まりであることも意味しています。

 

Dead_Sea_Scroll

 

ちなみに、1948年はくしくも『死海文書』が発見された翌年のこと。ここにシンクロニシティ(=意味ある偶然)を感じさせずにはいられません。

また、多くの宗教に見られる、人類の終末予言についても、原典とされるだけあって当然ながら、記述があります。「感謝の詩篇」という20編の詩からなる詩文集では、「滅びの矢がいっせいに放たれ、きらめく炎とともに襲いかかる」「大いなる淵まで燃え広がる」と記述されています。これは核戦争による炎を思わせずにはいられません。

気になるのは、この核戦争による大破局がいつ訪れるのかですが、これもまた、『死海文書』にははっきりと示されています。前述の「感謝の詩篇」には、イスラエル建国から70年後とあります。

また、「戦いの書」(「光の子らと闇の子らの戦い」)という、「光の子」と「闇の子」による戦いを描写した書にも、35年の安息期のあとに6年間の戦争準備期間、29年間の世界最終戦争が予言されています。その起点はやはりイスラエル建国の1948年と考えられています。

……ということは、『死海文書』が予言する人類最後の日が訪れるのは、2018年と導きだされます。近年、世界はテロ事件が相次ぎ、また紛争下にある国々もあり、すでに最終戦争が始まっていると考えられ、予言の成就に向かってシナリオが進んでいるように思えます。

また、2017年2月9日、61年ぶりに『死海文書』を蔵する12番目の洞窟が発見されるという報道もありました。これはまったくの偶然なのでしょうか。何らかの大いなる意志の介在がはたらいていると考えるのは、大げさでしょうか……。

文=こざきゆう

  • 1

この記事と同じトピックを探す

関連記事

編集部おすすめ

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  • トータル