週刊ムー語教室/宇宙と体の接点となる「チャクラ」

文=こざきゆう

身体の中心部に7つある

知っているようで知らない〝ムー的用語=ムー語〟をわかりやすく解説する、「ムー語教室」。今回は「チャクラ」をご紹介します。

 

第72回:「チャクラ」

  1. 1 人間の体は、微細身という宇宙エネルギーを吸収するもうひとつの体に包まれている。
  2. 2 宇宙エネルギーが流れ込むための導管をチャクラといい、重要なものは7つある。
  3. 3 7つのチャクラは人間を超人へと進化させる導線でもある。

近年のヨガ・ブームや、美容の世界で注目されるインドの伝統的医学アーユルヴェーダなどで、「チャクラ」という言葉を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

chakra_image2

ヒンドゥー教には、次のような考えがあります。

まず、人間の体は肉体とは別に、宇宙エネルギー(=プラーナ)を吸収して生命を維持する「微細身(=霊体、エーテル体)」という体に包み込まれているとされています。

そして、肉体に血液が流れる血管があるのと同様に、微細身には宇宙エネルギーが流れ込むための導管が、数万本もあるといいます。その導管を「チャクラ」といいますが、多くの場合は、肛門あたりから頭頂部まで背骨に沿って、7か所ある重要なエネルギー・スポットのことを指します。

この7か所のチャクラにはそれぞれ役割があります。肛門あたりから喉までの5つのチャクラは主に肉体に、眉間にあるチャクラは主に感覚や精神に、そして頭頂部にあるチャクラは主に霊性や宇宙意識に関わりをもち、それぞれに影響を与えます。

また、チャクラはサンスクリット語で「車輪」を意味します。ここからも想像できるように7か所のチャクラでは、宇宙エネルギーが渦巻き、出入りをします。しかし、何もしていなければ出入り口を眠らせているようなもの。宇宙エネルギーが流れ込むこともありません。

meditation_image1

では、どうやってチャクラを開くことができるのでしょう。

これは、精神と肉体が健康な状態で、瞑想しているときなどに開くとされます。そして、すべてのチャクラを開くことで、7か所のチャクラの下から上へと、宇宙エネルギーが流れていきます。その結果、心身のバランスが改善され、免疫力は高まり、精神的に落ち着いた状態になります。さらには、直感力が強まり、霊的な能力が開花するともいわれます。いわば、チャクラは人間を超人へと進化させるための宇宙エネルギーの導線でもあるのです。

文=こざきゆう

  • 1

この記事と同じトピックを探す

関連記事

編集部おすすめ

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  • トータル