フェニックス・ライト事件/超常UFO宇宙人事件

文=並木伸一郎

アリゾナ州の夜空に浮かぶ怪光!!

1997年、3月13日の20時ごろ、アメリカ南西部に位置するアリゾナ州の州都フェニックスの東側上空に、奇妙な発光体の集団が出現し、住民を震撼させた。
最初に確認されたのは、フェニックス近郊のポールデンという街だ。目撃したのは元警官の男性で、5つの怪光が空中を飛行しているのを見たと証言している。
怪光は同州の街プレスコット、ウィッケンバーグ、グレンデール、フェニックスへと数を増やしながらゆっくりと移動し、22時にはフェニックスの南、サンバレー南東のはずれにあるヒーラー川上空に出現。ここでは数千人以上の人々が怪光を目撃している。
人々は不安におののき、地元警察や各政府機関へ通報しつづけた。情報は瞬く間にルーク空軍基地に寄せられた。しかし、不思議なことに空軍のレーダースクリーンにはこの怪光の情報が映し出されていなかったという。

1

しかし、人々の目にはちゃんと映っている。そして「巨大な飛行船だった」「無音で飛行していた」「機体はグレーで、球体の光は機体に取りつけられていたライトからのようだった」と、口々に語っているのだ。
ちなみに、物体を撮影した写真から割り出したところ、ライトの大きさだけで1.6キロから3.2キロと推察されるという。となると、この空を飛行していた飛行物体は、母船クラスの超巨大UFOということになる。また、この事件は地元の新聞に報じられている。

1997年=新聞記事
だが、事件はこれだけでは終わらない。10年後の2007年2月6日、なんと同じフェニックスに、再び同様の発光体群が出現したのだ。このときは、市民の通報を受けたテレビ局がヘリコプターを派遣し、リアルタイムで中継している。
映像には、夜空に浮かぶ5つの黄白色の発光体が、三角形、もしくはV字を形作って飛行している光景が映っていた。だが、わずか5分たらずですべての発光体は消えてしまった。
発光体の正体だが、1997年と2007年のいずれも、軍は「照明弾だ」とコメントしている。しかし1997年の段階で、専門家によるスペクトル分析の結果、照明弾などではなかったことが判明している。
そもそも、一般人らによって撮影されたビデオや写真で見られる発光体の配列は、決して照明弾で形成できるものではない。はたして、この発光体の正体は何だったのだろうか?

文=並木伸一郎

  • 1

関連商品

超常UFO宇宙人事件

超常UFO宇宙人事件

並木伸一郎(著)

価格:626円
発行:学研パブリッシング
発売日:2014年9月22日

この記事と同じトピックを探す

関連記事

編集部おすすめ

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  • トータル