カタカムナの謎――謎の古文書と超古代テクノロジー

文=中村友紀

巻物に書かれた謎の古代文字

兵庫県六甲山中に、かつて超古代文明が存在していた。その名をカタカムナという。

ことのはじまりは昭和24年(1949)。楢崎皐月という電気技術者が、現在の神戸市東灘区にある金鳥山に入った。目的は植物の生育状態と大地を流れる電気の関係を調べること。

地元の人から「金鳥山には蘆屋道満の墓ともいわれる狐塚という穴があるから、行ってみるといい」と勧められた楢崎は、この穴をベースに、山中に計測装置を置いて調査を開始する。

すると何日かすぎた夜、突然、その穴に鉄砲を手にしたひとりの猟師が訪れてきた。

「変な仕掛けをされて、キツネたちが迷惑しているから取り外してくれ」

猟師は怖い顔をしてそういった。翌日、楢崎が計測装置を外すと再び猟師がやってきて、自分はヒラトウジ(平十字)だと名乗った。楢崎が素直にいうことを聞いたので気をよくしたのか、猟師は父親が宮司をしていた「カタカムナ神社」のご神体だという、謎の古代文字が書かれた巻物を取りだし、楢崎に見せたのである。

たしかに巻物には、渦巻きのような模様がたくさん書かれていた。それを見た瞬間、楢崎の頭にはある言葉が甦ってきた。

「八鏡化美津文字」

それは第2次世界大戦中のことだった。楢崎は製鉄技術者として中国北東部の満州吉林にいた。ここには娘娘廟という道教寺院があり、楢崎はそこの老師から筆談で、八鏡化美津文字という古代の叡智を伝える文字の存在を聞かされていたのである。

kinchouzan2
六甲山中にある金鳥山。楢崎皐月はこの山で平十字と出会い、カタカムナ文明の残滓に触れた。

 

八鏡を見ただけで理を知るアシアの謎

「『噫示八(アィシーパー)』人、ただただ八鏡を観ず。やすやすと万理を弁ず。『八鏡化美津文字』で、理ことわりを弁じ・利便を生じ・名第を利し、命題を明らかにす」

老師は楢崎に、そう伝えた。

「アィシーパー」人は「八鏡」を見てすべての理を知り、「八鏡化美津文字」ですべての理を明らかにする、というのである。

しかも老師は、「アィシーパー」人はかつて日本列島で暮らす古代人だったと説明した。楢崎には、「アィシーパー」が「アーシーヤー」=「アシヤ」と聞こえていたという。

平十字の巻物を見た楢崎は、まさにこれが「八鏡化美津文字」ではないかと直観したのだ。

しかも――。

平十字は、カタカムナの神を祀ったのはアシア族であり、その頭領はトウアンであると語った。アシアトウアンは遠い昔、天皇家を中心とした「天孫族」と戦って敗北したというのだ。

これらの一致は、とても偶然とは思えない。老師がいう世界の理を知る古代人とは、おそらくアシア族の叡智のことだろう。

巻物の文字は、「カタカムナ図象文字」という。基本はどれも丸と十字(○と+)の組み合わせで、丸のふちには最大で8つの小円が並ぶ。

楢崎は、これはきわめて抽象的・合理的な図象であり、理を弁ずるに最適な文字だと悟った。そこで平十字に、巻物を写しとらせてもらえないかと頼み、快諾されたのだ。これが『カタカムナ文献』である。

書き写した「ウタ」は80首。すべて渦巻き状に記されており、中央から外側に向かって読んでいくものと思われた。解読は苦難をきわめたが、楢崎はついに解読に成功。最初は次のような「ウタ」で始まっていた。

 

「カタカムナヒビキ マノスベシ アシアトウアン ウツシマツル カタカムナウタヒ」

 

素直に読めば、アシアトウアンがカタカムナのウタヒを写しとった、となる。

「カタカムナのウタヒ」とは何か? ひとことでいうならばそれは、今日でいう自然農法やフリーエネルギーの技術であり、エコロジー思想にも通じる万能の科学理論だったという。

カタカムナ文明のすぐれた4つの技術

では、カタカムナ文明とは具体的に、どのようなものだったのだろうか。

正直なところ、よくわかっていない。楢崎自身、解読したとはいうものの、難解な注釈をつけるだけで、内容についての解説はほとんどしていないからだ。

だが楢崎は、『カタカムナ文献』をベースにしたと思われる著作『カムナガラノミチ』を残している。そこには、古代カタカムナ文明に通じる叡智の一端らしきものが紹介されているので、それを元に推測してみよう。

katakana1
カタカムナ文字。渦巻き状に書かれた「ウタ」は80首あり、そのすべてが楢崎皐月により解読された。

 

『カムナガラノミチ』では、以下の代表的な生産技法が取りあげられている。

1:イハカムナ(岩理)

2:タガラモリミチ(農業技法)

3:キメカムナ(木理)

4:カムヒルメ(製鉄法)

 

1のイハカムナ(岩理)は石の細工技術である。2は農業の技術であり、3は木工建築、4 は製鉄と冶や金きんの技術だ。

ここから見るとカタカムナ人は、すぐれた石工の技術、農業技術、そして建築技法と製鉄技術を持っていたと推測できる。

問題は年代で、「天孫族」と戦ったのが事実なら、少なくとも2000年近く昔ということになる。その時代に4つの技術を手にしていたグループがいたとすれば、まさに超古代文明と呼んで差し支えないだろう。

とくに石工の技術で気になるのが、六甲山中に残されている古代遺跡と思しき巨石群だ。祭祀遺跡とされるこれらの巨石だが、もしかすると祭祀とは違う目的でそこに置かれ、使われていた可能性もある。

一例を挙げるなら、巨石による大地のエネルギーの制御であり、あるいはエネルギーネットワークの構築である。

また、六甲山中には大きな石の祠=石の宝殿が見られるし、同じ兵庫県高砂市の生石神社には、やはり「石の宝殿」と呼ばれるあたかも水面に浮かんでいるような巨石が切り出しの途中で放置されている。

これらもまた、カタカムナ文明の残滓と見ることができるのではないだろうか。

ちなみに金鳥山の隣には、高級住宅地として有名な「芦屋」があり、陰陽師・安倍晴明のライバルとされる「蘆屋道満」の根拠地でもあった。

奇妙なことにこの地域は、なぜか古代から呪術のメッカとされてきた。多くの陰陽師が播磨で呪術を学んだのである。そのルーツもまた、カタカムナの叡智につながる可能性は高い。

 

古代の土地改良法イヤシロチとケカレチ

最後に、読者は「イヤシロチ(弥代地)、ケカレチ(気枯れ地)」という言葉を聞いたことがあるだろうか。

イヤシロチはいわゆる高エネルギーの癒しの地で、ケカレチはその逆の地を意味する。

この、イヤシロチ・ケカレチの存在を「発見」したのも、楢崎皐月なのである。

「ヨモ(四方)のタカミを結ぶところは、イヤシロチにて、ミソギに良し/ヨモのヒクミを結ぶトコロは、ケカレチにて、ミソギに不良はず」

これは楢崎の言葉だが、四方の高みを結ぶ土地はイヤシロチで、低みを結ぶところがケカレチだというのである。

このことに気づいてから楢崎は、大地の電気の流れを調べるまでもなく、地勢を見るだけで「イヤシロチ、ケカレチ」を判断できるようになったという。

しかもケカレチを改善したりイヤシロチを補強したりすることもできると、楢崎はいう。

具体的には、地面に穴を掘り、底に木炭を入れ、土をかぶせて埋めるのだ。こうすることで、ケカレチはイヤシロチに改良され、イヤシロチはよりよいイヤシロチになるのである。

改良された土地では、生命体は体内の電気活動のバランスがうまくとれるようになる。人間だけでなく、動物植物も微生物も同様で、そのため人は健康になり、作物はよく育つのである。

まさに、カタカムナの叡智であろう。これほどすぐれた文明が、かつて六甲山系に存在していたのである。

iwakura1
いまもなお神聖な場所として祀られている越木岩神社の磐座。六甲山には、こうしたパワースポットがあちらこちらに見られる。

 

(ムー2019年3月号より抜粋)

文=中村友紀

  • 1

関連商品

ムー2019年3月号

ムー2019年3月号

820円
2019/02/09

この記事と同じトピックを探す

関連記事

編集部おすすめ

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  • トータル