1975年 甲府で小学生が異星人と遭遇/戦後日本オカルト事件

編=オカルト雑学探究倶楽部

UFOから降り立った謎の異星人

1975年2月23日午後6時すぎ、山梨県甲府市の小学生ふたりがUFOを目撃。しかもUFOから降りてきた異星人と遭遇するという事件が起こった。これを「甲府事件」と呼んでいる。

koufu
小学生たちが描いたUFOと異星人のスケッチ(写真=並木事務所)。

 

事件の詳細はこうだ。K君とY君がローラースケートをして遊んでいると突然、ふたつのオレンジ色の光体が頭上に出現した。この光体は下部から筒状のパーツを出し、カシャカシャと音を立てていた。やがて団地の裏のぶどう畑に着陸したので、ふたりは近づいてみることにした。

大きさは長さ5メートル、高さ2メートルほど。まぎれもなくUFOだ。全体に銀色をしている。下部のカシャカシャと音を立てるパーツは3つあり、どうやら着陸用ギアのように思われた。また表面にはローマ字のような文字と、まったく判読不能の謎の文字が描かれていた。

少年たちが息を呑んでUFOを眺めていたそのときだ。なんとUFOのドアがあき、タラップが降りてきた。そして謎の「怪人」が姿を現したのだ。その「怪人」は、皺だらけの顔に目も鼻もなく、皮膚はチョコレート色をしていた。ただ、口のあたりには銀色の牙が三本あった。身長は1.3メートルほどだから、子どもくらいのサイズだ。ただし、肩には銃のようなものを背負っていたという。
あまりの出来事にふたりが立ち尽くしていると、怪人はふたりのそばへやってきて、いきなりY君の肩をポンポンと叩いた。その瞬間、恐怖が絶頂に達したふたりは、無我夢中で走りだし、家へ逃げ帰ったのだ。

その後、興奮して自分たちの体験をまくしたてるふたりの姿に驚いた家族が、現場へ確かめにいった。すると真っ暗なぶどう畑のなかにはまだ、ボーッとオレンジ色の光が灯っているではないか。だが、彼らが近づくとその光は、静かに消えてしまったという。以後、再びUFOが現れることはなかった。

 

出典=「ムーSPECIAL 戦後日本オカルト事件FILE」(学研プラス)

編=オカルト雑学探究倶楽部

  • 1

関連商品

ムーSPECIAL
戦後日本オカルト事件FILE

ムーSPECIAL
戦後日本オカルト事件FILE

価格:580円+税
発行:学研プラス
発売日:2015/10/07

この記事と同じトピックを探す

関連記事

編集部おすすめ

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  • トータル