水棲UMAの謎/ホラディラ

文=並木伸一郎

原住民が畏怖するアマゾン川の怪物 ホラディラ

水棲獣=ホラディラアマゾン川の支流には、湖がいくつも点在している。それらの湖のひとつに棲息する「ホラディラ」は、現地の言葉で「地獄のキバ」を意味し、ギザギザの半月状の突起の背ビレ、もしくは鋭いキバを持つ水棲獣である。

目撃例が非常に少ないため、体長や体色などのデータはいっさい不明である。唯一の目撃情報は以下のようなものだ。

1993年8月、イギリス人ジャーナリストのジェレミー・ウェイドは、原住民から聞いたホラディラという怪物の正体を突き止めるべく、アマゾン奥地の調査に赴いた。すると、ボートから約30メートル離れた地点の水面が不自然に波打っていた。その様子を見ていると、突如ギザギザの突起物が姿を現した。

これを目撃したウェイドは、隙をついて写真の撮影に成功した。写真には、ノコギリの歯を拡大したような背ビレもしくはキバのようなものが写っている。だが、遭遇したウェイドによれば、ノコギリが水面すれすれで回転しているようだったと説明している。

なお、原住民たちにとってホラディラは畏怖の対象であり、守護神として崇められている。しかも、その名はタブーとなっているらしく、ウェイドに対してほとんど情報を語ろうとしなかったという。

ホラディラの正体については、アマゾン川に棲息する「カイマン種のワニ」説が有力だが、ワニにはギザギザの背ビレなどついていない。現在のところ、その正体についてはまったく不明なのである。

 

文=並木伸一郎

  • 1

この記事と同じトピックを探す

関連記事

編集部おすすめ

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  • トータル