ふたつの三角形が全宇宙を表す「六芒星」/秘教シンボル事典

文=松田アフラ

賢王ソロモンが用いた徽章

sym01

六芒星形(ヘクサグラム)は、上向きと下向きの2つの三角形を組み合わせた星形の図形であり、6つの頂点を持つ。別名で古代イスラエルの賢王ソロモンとその父ダヴィデにちなみ、「ソロモンの徽章」「ダヴィデの盾(マーゲン・ダヴィデ)」あるいは「ダヴィデの星」などと呼ばれる。

旧約聖書に登場する賢王ソロモンは、また魔術の達人でもあり、多くの悪霊を魔術の力によって使役し、イスラエルの都を築いたという伝承が知られているが、その彼が魔力を行使する際に用いたのがまさにこの六芒星であり、彼はそれを天から直接授かったという。

このことから、現在、六芒星はイスラエルの国璽として用いられている。イスラエル外務省の公式サイトには、3-4世紀のものと見られるガリラヤのシナゴーグのソロモンの徽章の写真が掲載されているが、実際にこの図形がユダヤの伝統に採り入れられたのがいつかは定かではないという。だがことユダヤ教に限らず、この図形の魔力は古来より多くの魔術師たちの珍重するところとされてきた。

図像学的には、上向きの三角形は「火」を表す男性原理で上昇運動、下向きの三角形は「水」を表す女性原理で下降運動をしており、この両者がダイナミックに組み合わさった形である六芒星形は、陰陽の和合、宇宙の秩序を表している。

また、上昇する男性原理と下降する女性原理の組み合わせは、『易経』では「地天泰」として表される。その卦辞には「天地交わりて万物通ずるなり」という一文があり、まさしく六芒星と軌を一にする原理が示されている。

魔術結社ゴールデン・ドーンの秘密文書には「六芒星はセフィロトと七文字の言葉アラリタの支配下にある七惑星の作用を表す強力な象徴であり……大宇宙の印章ないし象徴と称される」と記されており、五芒星と並んで儀式において重要視されていた。隠秘学において、この図形の中には火と水のみならず、さらに風と地の象徴も含まれると解釈される。ゆえに六芒星は宇宙を構成する四大元素のすべてを含むシンボルなのである。

sym01b
16~17世紀ドイツの神秘主義者ヤコブ・ベーメによる宇宙図。「永遠なるもの」と「自然」の統合である六芒星を頂点としている。

 

(ムー2015年1月号より)

文=松田アフラ

  • 1

この記事と同じトピックを探す

関連記事

編集部おすすめ

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  • トータル