1978年 池田湖にイッシー出現!/戦後日本オカルト事件

編=オカルト雑学探究倶楽部

鹿児島県の池田湖で20人が目撃

湖の怪獣というと、だれもがまっ先に思い浮かべるのは、スコットランドのネス湖に棲むというネッシーだろう。そのネッシーの日本版が、鹿児島県指宿市の池田湖に棲むといわれるイッシーだ。

issie1
池田湖を泳ぐイッシーの写真(松原寿昭氏撮影/写真=並木事務所)。

 

その名前が「ネス湖のネッシー」にちなんで「イケダ湖のイッシー」とつけられたことはいうまでもない。ちなみに池田湖は、約五千五百年前の噴火でできたカルデラに、雨水が溜まったカルデラ湖だ。直径約3.5キロの円形で、周囲は約15キロほど。深さは233メートルで、湖底には今も湖底火山がある。

さて、そのイッシーだが、湖面を泳ぐ姿が初めて確認されたのは、1978年9月3日の夕
方のことだった。この日、湖畔にある一件の家で、法要が営まれていた。出席者はおよそ20人。

午後6時ごろのことだ。突然、外で遊んでいた3人の子どもたちが、「怪獣だ!」と叫びながら家に駆けこんできた。ただならぬ様子に大人たちが外へ出てみると、確かに池田湖の沖合をふたつのコブが猛スピードで泳ぎさっていくのが見えた。
コブとコブの間は5メートルほどもあり、その周囲は激しく波立っていた。そしてコブは間もなく、水中に消えていったのだ。

この事件は、20名近い大人たちが同時に目撃したということで信憑性が高いとされ、たちまち全国に発信された。日本にもネッシーのような怪獣がいたということで、多くの観光客も訪れるようになる。指宿市観光協会はこの騒動に対処するため、対策委員会を設置。無人観測所と監視カメラを設けた。
そして同年12月16日、ついに泳ぐイッシーの姿が写真撮影された。といっても、設置した監視カメラのものではない。鹿児島市在住の男性が、湖面に得体の知れない怪物が浮上してくるのを目撃し、とっさにカメラを向けたのだ。

この写真はUFO写真のコンピューター解析で有名なアメリカのUFO研究団体GSW(グランド・ソーサー・ウォッチ)に鑑定が依頼され、「爬虫類のような生物らしい」という答えをもらっている。
ブームは翌年も続き、ついにテレビ局がイッシー特別探検隊を組織。調査に乗りだした。このときには西岸寄りの水深10メートル付近で、魚群探知機が上下動する3メートル以上の物体をふたつ、捕らえている。また、水深40メートルまで潜ったダイバーは、頭上を通過する巨大な黒い影を目撃したという。
ところがその後、イッシーの目撃はぱたりと途絶えてしまう。1993年には、イッシーらしき物体が複数回ビデオ撮影されているが、以来、目撃報告はまったくなく、現在ではそういう話は聞かなくなった。

関連商品

ムーSPECIAL
戦後日本オカルト事件FILE

ムーSPECIAL
戦後日本オカルト事件FILE

価格:580円+税
発行:学研プラス
発売日:2015/10/07

この記事と同じトピックを探す

関連記事

編集部おすすめ

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  • トータル