円環が描く永劫回帰の軌跡「ウロボロス」/秘教シンボル事典

文=松田アフラ

対立と合一の象徴

sym07a
自らの尾を呑みこむ蛇または竜の姿をシンボル化したもの、ウロボロス。

 

「われとわが尾を啖い、交合し、孕ませ、殺し、再生させるところのあの龍……ウロボロスはヘルマフロディトスとして、対立するふたつのものから成っているが、同時にまたこの対立物の合一の象徴でもある。それは一方では死をもたらす毒、バシリスクにして蝎であり、他方では万能薬であり救済者である」

20世紀最大の心理学者にして錬金術研究の泰斗でもあるC・G・ユングは、ウロボロスについてこのように述べている。

ウロボロスとは、自らの尾を呑み込む蛇もしくは龍の姿で示されるシンボルである。語源はギリシア語のouro(尾)とboros(呑み込む者)に由来。終端が発端と連結して完全な円環構造を成すことから、始まりも終りもない円運動、永劫回帰、無限、そして世界の創造を表す。

ヘレニズム時代の錬金術書『クリソポエイア』では錬金術作業それ自体がウロボロスによって図像化されており、その中心に「hen to pan」の文字が見える。これは「一にして全」の意味で、万物を生み出す第一質料〈プリマ・マテリア〉が同時に万物の完成である賢者の石でもあることを示している。

錬金術の教えによれば第一質料はまた人間それ自身である。すなわちウロボロスは、自らを呑み込み自らを円環のプロセスに変容させるという錬金術の思想を体現するといえる。

かくしてこの図像は、対立物、すなわち術者自身の無意識の影を自らと同化・統合することを表す鮮烈な象徴となった。

始点と終点の一致というウロボロスの形態は、『ヨハネの黙示録』において全能者たる神が自ら名乗っていう「私はアルファであり、オメガである」という言葉とも重なる。そしてユングは、キリストは神として自らを産み、自らを犠牲に供し、さらに聖体の儀式において自らの供儀を実行するという点でウロボロスと「寸分違わず一致する」ともいっている。

また、科学史の分野では、19世紀の化学者アウグスト・ケクレが、うたた寝の際にこのウロボロスを夢で見て、現代の石油化学文明を支える有機化学の基盤「ベンゼン環」の構造を思いついたという逸話がつとに有名だ。

sym07b

(ムー2015年7月号より)

文=松田アフラ

  • 1

この記事と同じトピックを探す

関連記事

編集部おすすめ

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  • トータル