1984年 開洋丸がUFOと遭遇/戦後日本オカルト事件

編=オカルト雑学探究倶楽部

海洋調査船の乗組員が目撃!

kaiyomaru
UFOと遭遇した海洋調査船、開洋丸。

1984年12月18日、南アメリカ大陸南端付近のフォークランド諸島付近で、日本の海洋調査船開洋丸が、二度にわたってUFOと遭遇するという事件が起こった。

開洋丸は、当時は農林水産省所属の調査船で、海洋水産資源に関する科学的調査のために世界を航海していた(ちなみに現在、水産庁が所有している開洋丸は二代目)。いうまでもなく、ほとんどの乗組員は科学的調査に長年従事してきたプロフェッショナルであり、遠方の鳥や魚の目視についても確かな経験を有していた。だからこそ、彼らがUFOを目撃したという証言は重いのだ。

では、当時の状況はどのようなものだったのだろうか?

最初の遭遇はこの日の午前0時10分から同1時35分にかけて起こった。場所は前述のように南アメリカ大陸南端の東側、フォークランド諸島に近い大西洋上だ。
まず、当直中の航海士が北進中の船首方向で、右(東)へ移動していく黄色っぽい光体を発見。最初は人工衛星かと思ったが、フラフラという動きが途中から速度を上げて、スーッと一直線に消えていった。

その後、この光体はおよそ10分おきに計8回も同じような位置に現れている。ただし消えた方向は異なり、4回は右方向へ、2回は上方向へ、2回は下方向へスピードアップして消えていった。

これだけの回数と時間だけに、目撃者はひとりではなく、計5人が光体を見ている。そのなかのひとりは、こうコメントしている。
「流れ星なら一瞬で、あれほど持続はしません。しかも、水平に飛ぶことなど、まずない。最初のフラフラとした動きも初めて見るものです。それが、連続して8個。心のそこから、『さわやかな不思議さ』がわきあがってきました」

 

二度目は船体と接触!?

次は、二度目の遭遇事件だ。

ほぼ2年後の1986年12月21日。場所は北太平洋上ウェーク島の北6607キロ。日本とハワイのちょうど中間点あたりをイメージしていただければいいだろう。

kaiyomaru2
UFOの動き(右)と乗組員のメモ(左)。

 

午後6時、航海士がレーダーのスイッチを入れると、左舷側(北方向)約5.6キロの位置に正体不明の巨大なレーダー映像が現れた。それは見たこともないような楕円形の物体だった。いったいなんだろうと思い、目視しようとしたら何も見えない。いくら夕闇とはいえ、この距離でこの大きさなら、船であれ飛行機であれ見えるはずなのに。

不審に思った航海士は外へ出て、双眼鏡でその「物体」を捜してみた。だが、やはり何も見えないし音もしない。仕方なく船内に戻ってもういちどレーダーを確認すると、その「物体」は猛烈なスピードで遠ざかっていき、やがてレーダーから消えた。

その後、引き継ぎを受けた3人の当直者は、念のためにレーダーを回しっぱなしにしてみた。すると午後10時30分、またしてもレーダーに巨大な楕円形の「物体」がとらえられたのだ。タンカーかもしれないと思ったが、それにしては移動スピードが速すぎる。間違いなく飛行物体だと思われた。しかも大きさは、推定400メートルもあった。

その飛行物体は、開洋丸に近づいてくると、船のまわりを二周した。そして次の瞬間、ちょうど直角にターンすると、開洋丸に向かってまっすぐ突っ込んできたのだ。あわてて目視しようとしたが、やはり何も見えない。と、緊張が走るなか、飛行物体は今度は180度ターンし、レーダーから消えていったのである。

じつは、話はまだ終わらない。同夜午後11時10分、今度は反対側の船尾方向に、またしても正体不明の飛行物体が現れたのだ。このときもレーダーに映るだけで、目視はできない。しかも物体は、猛スピードで開洋丸に近づいてくる。もちろん、彼らには何もできない。

「あぶない、ぶつかるぞ!」

だれもが息を呑んだそのとき、レーダーからパッと物体が消えると、物体が風を切り裂いたような「ブォーッ!」という音が響いた。といっても大音響ではなく、自動車のエンジン音よりも小さい、衝撃も何もない音だった。そして、音が通り過ぎて向かった前方を見ると、そこには卵を押しつぶしたような楕円形の光が、輝いていたのである。色は赤みがかった黄色をしていた。そしてそれも、わずか1~2秒で消えてしまったのだ。

 

出典=「ムーSPECIAL 戦後日本オカルト事件FILE」(学研プラス)

編=オカルト雑学探究倶楽部

  • 1

関連商品

ムーSPECIAL
戦後日本オカルト事件FILE

ムーSPECIAL
戦後日本オカルト事件FILE

価格:580円+税
発行:学研プラス
発売日:2015/10/07

この記事と同じトピックを探す

関連記事

編集部おすすめ

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  • トータル