1986年 日航機がUFOに追跡される!/戦後日本オカルト事件

編=オカルト雑学探究倶楽部

ジャンボジェット機にUFO接近

nikkokiufo1
UFO目撃の状況を説明する寺内機長(当時) (写真=並木事務所)。

 

1986年11月17日、フランスのパリを飛びたった日本航空628特別貨物便、ボーイング747型ジャンボジェット機は、アイスランドのケフラヴィク空港で給油後、次の経由地であるアメリカのアラスカ州にあるアンカレッジ空港に向けて順調に飛行を続けていた。
事件が起きた場所はアンカレッジの北北東約770キロ。高度1万600メートルの地点だ。機長が突然、驚きの声をあげた。ーー「なんだ、あれは?」
副操縦士は「飛行機の灯火のようですね……」と返事をした。

貨物機の左30度ほど前方、4~5キロ先、下方650メートルほどの空中に、異常な帯状の光体がふたつ、確認できた。ところがその2個の灯火は、時間が経過しても同じ位置に見える。どうも貨物機と並行に飛んでいるようだ。

不安を感じた機長は、機体を左に旋回させた。すると光体は機体の正面に瞬間移動し、再び並行に飛行する。しかもその後、猛烈な速度で貨物機に接近すると急停止し、そのまま来た方角へ「I」ターンするかのように向きを変えると、再び並行飛行を始めたのだ。あきらかに、地球上の飛行物体の動きではない。このとき、光体の姿はより詳細に見えるようになってきた。

ふたつの光体はいずれも正方形状をしており、中央には黒い縦帯状の部分があって、その左右にオレンジと白に光る無数の「排気ノズル」のようなものの列が何段も規則正しく重なっていた。ただ、正方形状に見えたのは、どうも円筒形を真後ろから見た状態らしい。また、灯火はこの排気ノズルの光だったようだ。

それが貨物機の前方を、まるで2機で「じゃれあうように」して飛んでいる。ときには瞬時に数百メートルも移動するなど、物理学を無視するような動きも見せたという。そのときには排気ノズルの光が強烈に明るくなり、貨物機のコックピット内では熱さえ感じた。

たまらず機長が副操縦士に、管制塔にレーダーで確認してもらうように命じた。ところが管制塔からの返事では、レーダーでは何も確認できないという。しかもこのとき、交信中に激しい電波妨害まで起こっている。

 

CIAによる隠蔽工作

幸いなことに数分後、ふたつの光体は左前方へ遠ざかって消えていった。ところがそれから5分後、今度は十数キロ前方の雲のなかから、青白い光が飛びだしてきたではないか。機長はとっさに、気象レーダーのスイッチを入れた。するとレーダーに、ジャンボ機の20倍もある巨大な物体が映しだされたのだ。その謎の物体はやがて遠ざかり、見えなくなった。

nikkokiufo2
事件の様子を描いたイラストとメモ(写真=並木事務所)。

 

ところが――。貨物機がアラスカ中央部にあるフェアバンクス上空にさしかかったとき、市街地の上空に突然、巨大な物体のシルエットが浮かびあがった。大きさはジャンボ機の数10倍はある。機長はその大きさから、最初に目撃したふたつの機体の母船だと思った。
恐怖にかられた機長は、管制官に連絡し、回避行動を取った。その指示で機体を360度旋回させたが、巨大物体はあとをついてくる。

間もなく管制官から、「日航機の近辺に異常なターゲットを捕らえた」と報告が入った。巨大UFOはやはり存在していたのだ。だがその直後、巨大物体はすーっとその姿を消してしまったのだ。

事件が明るみに出たのは、機長がロンドンにあるパブで友人にこの話をしたのがきっかけだった。そこに居合わせた記者が配信した結果、世界中に報道されたのだ。

ところがそれから間もなく、アメリカの権威ある航空専門誌が突然、機長は木星と火星を誤認したのではないかという記事を掲載する。それに追従するように、機長は突然、地上職に勤務配置されてしまった。数年後にはパイロットに復帰するが、以後、この事件について機長が口を開くことはなかった。

いかにも不自然なこの流れには、やはり裏があったようだ。よりによってパイロットが30分もUFOを目撃していたと証言すれば、世界はパニックに陥る――そう懸念したアメリカのCIAが、極秘事項としてマスコミと日本政府に圧力をかけたというが、真相であるとされている。

 

出典=「ムーSPECIAL 戦後日本オカルト事件FILE」(学研プラス)

編=オカルト雑学探究倶楽部

  • 1

関連商品

ムーSPECIAL
戦後日本オカルト事件FILE

ムーSPECIAL
戦後日本オカルト事件FILE

価格:580円+税
発行:学研プラス
発売日:2015/10/07

この記事と同じトピックを探す

関連記事

編集部おすすめ

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  • トータル