知名度全国区! 水辺の代表「河童」/日本の妖怪

文=宮本幸枝

目撃多数! 全国に仲間が分布

緑色の身体に黄色いくちばし、背に甲羅と頭には皿。きゅうりが大好きな愛すべきキャラクターとしてお馴染みの「河童」は、本人が一番親しみのある妖怪だといってもいいだろう。

しかし、現在私たちが考える河童の姿は、あるひとつのパターンにすぎない。毛が生えているもの、甲羅がないもの、赤いものなど、過去の絵図に描かれた河童は、私たちが知っているよりももっといろいろな姿を持っている。

kappa_YF1
『水虎十弐品之圖』には多彩な河童の姿が描かれている。(国立国会図書館蔵)

 

また、姿だけでなく、その呼び名もさまざまだ。地方によって、河童の別名とされているものはざっと数え上げても70以上ある。その中からいくつか代表的なものを挙げてみると、「カワッパ」「ガラッパ」「カワタロウ」など、音の感じが似ているものから、「セコ」「メドチ」「エンコウ」「シリヒキマンジュ」「オシッコサマ」など、カッパという語感にはまったくつながらないものもある。これらは、伝えられている形状や習性、地域の信仰などによって違ってくるもののようだ。

このように、名前も姿もさまざまな河童だが、水辺に棲む得体の知れない怪物であるという認識は共通している。人間と相撲をとりたがったり、馬を川に引き込んだり、人の尻子玉を抜いたりする河童の特徴的な行動は、全国各地に伝承として残されている。

 

親しみやすく憎めない存在

河童は、昔から全国区での目撃譚が最も多い妖怪でもある。近年でも、各地の水辺で目撃情報があるほどだ。人を水に引きずり込み溺れさせるという恐ろしい習性がある一方で、いたずらに失敗して懲らしめられるユーモラスな話も多く、どこか憎めない親しみのある姿が数多く伝えられている。

kappa_YF2
懸命に相撲をとる河童たち。(国立国会図書館蔵)

 

青森県にはこんな話が残されている。あるとき、赤い髪と赤い体をした人間の子どもくらいの大きさの河童が馬を淵に引き入れようとしたが、逆に馬の力が強すぎ、引きずり回されてしまった。飼い葉桶の中に隠れていた河童を家人が見つけ捕らえたが、河童はすっかり皿の水が乾いて弱っていた。
その後、河童は「二度とこの村の人々に悪さはしない」と誓い、解放されて淵へ戻っていったという。

また、新潟県に伝わる話では、人間の、特に女性の尻が好きという一面が語られている。ある家で、妻が厠へ行くと毎晩冷たい手が尻をなでるという。そこで、主人が女装をして厠へ入り、なでようとする手を斬りおとした。翌日、河童が家にやってきて「魚をやるから腕を返してくれ」と懇願した。仕方なく腕を返してやると、翌朝から玄関先に魚が届くようになったという。

全国にはほかにも多くの面白い言い伝えがあり、河童の手のミイラといわれているものや、河童から教わった秘伝の膏薬といった遺物も残されている。

 

(「日本の妖怪FILE」より掲載)

文=宮本幸枝

  • 1

関連商品

日本の妖怪FILE

日本の妖怪FILE

宮本幸枝(編・著)

価格:571円+税
発行:学研プラス
発売日:2013/06/11

この記事と同じトピックを探す

関連記事

編集部おすすめ

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  • トータル