寝ている間に起こる奇病だった?「ろくろ首」/日本の妖怪

文=宮本幸枝

伸びる首と抜ける首

「ろくろ首」は、妖怪映画やお化け屋敷などには欠かせない定番のお化けである。

昼間は普通の人間と変わりないが、夜になると首が何十メートルも伸び、行灯の油をなめるという。ろくろ首は、たいていが女性であり、男性型の場合は「見越し入道」という別の妖怪として区別されることが多い。ろくろ首も見越し入道も、江戸時代には怪談本や随筆、絵本などの文献に多数登場した。

rokurokubi_YF1
十返舎一九『信有奇怪会』に登場するろくろ首(左)と、見越し入道(右)。(国立国会図書館蔵)

 

ろくろ首に類する妖怪には、胴体と頭がつながったまま首だけがニョロニョロ伸びるというもののほかに、寝ている間に頭だけがすっぽり抜け、胴体と離れ離れになって飛び回る「抜け首」のもある。

抜け首は、「飛頭蛮」ともいわれ、首が胴体から離れて外に出ているあいだに、胴体をどこかに隠されると、もとに戻れずに死んでしまうといわれる。江戸時代の怪談集『曾呂利物語』では、寝ている間に体から離れたある女の魂が、女の首や鶏に変化したという話が残されている。このほかにも、いくつかの随筆などで、「抜け首」は睡眠時に魂が抜け出て首の姿になるという特殊な病気であると解説されている。

抜け首の伝説は、日本だけでなく、中国をはじめアジア各国でも多数伝えられている。マレーシアの「ペナンガラン」という化け物は、首に消化器官等の内臓がくっついた恐ろしい姿で飛び回るという。

(「日本の妖怪FILE」より掲載)

文=宮本幸枝

  • 1

関連商品

日本の妖怪FILE

日本の妖怪FILE

宮本幸枝(編・著)

価格:571円+税
発行:学研プラス
発売日:2013/06/11

この記事と同じトピックを探す

関連記事

編集部おすすめ

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  • トータル