江戸の黄表紙のマスコット「豆腐小僧」/日本の妖怪

文=宮本幸枝

豆腐を持った謎の妖怪

江戸時代の黄表紙や怪談本などの絵本に数多く描かれ、化け物たちの小間使いとして登場する「豆腐小僧」は、その来歴もいわれも不明な謎の多い妖怪である。手にしっかりと豆腐を持っていることが唯一の特徴であり、なぜ豆腐なのか、そしてなぜその多くが子供の姿をしているのかは明らかになっていない。

tofu
双六に描かれた一つ目小僧。傘をかぶり、豆腐を手にしていることから、これも豆腐小僧の亜種といえる。

 

江戸時代の浮世絵師・北尾政美の黄表紙『夭怪着到牒(ばけものちゃくとうちょう)』には、「大頭小僧(おおあたまこぞう)」という名で、豆腐を持った頭の大きな小僧の姿が描かれている。一見、人間のようにも見えるが、鋭い鉤爪を持つ足の指を見ると、これがまぎれもない異形の化け物であることがわかるだろう。

豆腐小僧はまた、一つ目小僧の姿で描かれていることもある。一つ目小僧もまた、江戸時代の絵本でマスコットのように描かれていることが多い。

一説には、豆腐小僧が持つ豆腐を食べると体中にカビが生えるともいわれる。

(「日本の妖怪FILE」より掲載)

文=宮本幸枝

  • 1

関連商品

日本の妖怪FILE

日本の妖怪FILE

宮本幸枝(編・著)

価格:571円+税
発行:学研プラス
発売日:2013/06/11

この記事と同じトピックを探す

関連記事

編集部おすすめ

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  • トータル