赤子を奪われた女の執念「姑獲鳥」/日本の妖怪

文=宮本幸枝

子を思う心が恐ろしい妖怪に

「姑獲鳥(うぶめ)」「産女(うぶめ)」は、赤ん坊を抱いて現れる女の妖怪である。死んだ妊婦が化けたものといわれ、赤ん坊を抱いて出てくるという。

ubume1

江戸時代の怪談本『古今百物語評判(ここんひゃくものがたりひょうばん)』では、お産の際に亡くなった女の執心から生まれる妖怪で「その声、をばれう、をばれうと鳴く」と記されている。また、妊婦が死んだ際は、母と子を分けて埋葬しないと産女になるといわれていた。

姑獲鳥は地方によってさまざまな形態が伝えられるが、赤ん坊を抱いてほしいと頼まれ、抱いているとだんだん重くなってきて、重さに耐えかねて死んでしまうという話もあれば、その重みに耐え切って怪力を得るというものもある。

愛媛県越智郡のあたりでは、川で聞こえる赤子のような声のことを「うぶめ」が鳴いている声だといった。夜にその近くを通ると、足にまとわりついてくるので、「これがお前の親だ」といって草履を投げると泣き止むのだという。

また、茨城県には「ウバメドリ」という鳥の妖怪が伝えられている。夜間に着物を干していると、この鳥がわが子の着物だと勘違いし、毒のある乳をつけていくといわれた。また別の地方では、その着物を着ると夫に先立たれるとするところもある。

うぶめの当て字とされている「姑獲鳥」は、そもそも中国の伝説に語られている怪鳥のことである。夜、赤子のような声で鳴きながら空を飛び、寝ている子どもや外に干している子どもの着物に自分の血で目印をつける。印をつけられた子どもは魂を奪われ、姑獲鳥の子どもになるという。

 

(「日本の妖怪FILE」より掲載)

文=宮本幸枝

  • 1

関連商品

日本の妖怪FILE

日本の妖怪FILE

宮本幸枝(編・著)

価格:571円+税
発行:学研プラス
発売日:2013/06/11

この記事と同じトピックを探す

関連記事

編集部おすすめ

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  • トータル