海上に現れる大入道「海坊主」/日本の妖怪

文=宮本幸枝

昭和の時代にもある目撃情報

海面が急に上昇したかと思うと、水の中から巨大な黒い坊主頭の怪物が現れる。ときには船を破壊することもあるというこの怪物は「海坊主(うみぼうず)」と呼ばれた。「海座頭(うみざとう)」や「海和尚(うみおしょう)」、「黒入道(くろにゅうどう)」といわれるものも、海坊主の仲間であるといわれる。

1体で現れることもあれば、集団でやってきて、船体や櫓(ろ)にしがみついたり、篝火(かがりび)を消したりするというものもあるらしい。

umibouzu1
歌川国芳の『東海道五十三対 桑名』(国立国会図書館蔵)

 

江戸時代の随筆『雨窓閑話(うそうかんわ)』には、海坊主と出合ったもののそれをやり過ごした豪胆な船頭の逸話が記されている。

桑名(くわな)の徳蔵(とくぞう)という船乗りがある月末の日に、ひとりで船を出していた。船を進めていると、突如風向きが変わり、波が荒れ、海上に黒雲が立ち上った。たいていの人はこうなると肝をつぶして生きた心地もしないものだが、徳蔵は落ち着いてその場でじっとうずくまった。

そのうち、徳蔵の目の前に、常人の倍ほどはあろうかという大入道が現れた。その目はギラギラと血走り、いかにも恐ろしい形相である。その怪物は徳蔵に「どうだ、怖いか」とたずねた。

ところが徳蔵はこれに臆することなく「世を渡ることのほかに怖いものはない」と、いってのけた。せっかく脅かすために出てきたというのに、これでは妖怪もかたなしである。大入道は、それを聞くとたちまち姿を消してしまったという。

こうした古い伝承だけでなく、昭和46年には、ニュージーランド方面でマグロ漁をしていた宮城県の漁船が、巨大な海の化け物にはえ縄をちぎられたという記録も残されている。

 

(「日本の妖怪FILE」より掲載)

文=宮本幸枝

  • 1

関連商品

日本の妖怪FILE

日本の妖怪FILE

宮本幸枝(編・著)

価格:571円+税
発行:学研プラス
発売日:2013/06/11

この記事と同じトピックを探す

関連記事

編集部おすすめ

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  • トータル