瓢箪鯰のように正体不明な「ぬらりひょん」/日本の妖怪

文=宮本幸枝

ぬらりくらりと突然現れる

岡山県の備讃灘では昔、「ぬらりひょん」という海坊主が出たという。頭のような丸いものが水面に浮かんでいるので、船で近づいてこれを取ろうとすると、「ヌラリ」とはずれ、底に沈み、また「ヒョンッ」と浮かんでくる。これを何度も繰り返しては人をからかうのだという。

nurarihyon1
鳥山石燕『画図百鬼夜行』の「ぬうりひょん(ぬらりひょん)」(国立国会図書館蔵)。

 

名前は同じだが、現在、多くの人々に認識されている「ぬらりひょん」は、それとはまったく違う妖怪である。よく知られるぬらりひょんは、前述の海坊主ではなく、頭が極端に大きな老人の姿をした妖怪のほうだろう。

ぬらりひょんは、忙しい夕方などに現れ、家人の知らないうちに勝手に家に上がりこんでお茶をすすっているといわれる。江戸時代の絵本では「ぬうりひょん」という名前で描かれていることもあるが、その正体や来歴、何のために現れるのかはまったく不明。「瓢箪鯰のような化け物」といわれるように、まるで瓢箪で鯰を捕まえるがごとく、ぬらりくらりとして要領を得ない妖怪なのだ。

また、妖怪の総大将であるという話もあり、水木しげる作『ゲゲゲの鬼太郎』では、主人公・鬼太郎の宿敵として登場したことからも、一般的にはそのイメージが強いようだ。

しかし、岡山県の伝説にある海坊主のぬらりひょんと違い、この老人姿のぬらりひょんのさまざまな特徴については、どこかの地方で言い伝えられていたというものでもないようである。

その「何だかよくわからないけれども気になる」という絶妙な存在感こそ、ぬらりひょんの真骨頂なのかもしれない。

 

(「日本の妖怪FILE」より掲載)

文=宮本幸枝

  • 1

関連商品

日本の妖怪FILE

日本の妖怪FILE

宮本幸枝(編・著)

価格:571円+税
発行:学研プラス
発売日:2013/06/11

この記事と同じトピックを探す

関連記事

編集部おすすめ

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  • トータル