神の力を宿す山の怪「天狗」/日本の妖怪

文=宮本幸枝

山の怪異は天狗の仕業?

河童と並び、日本の最メジャー妖怪として一般に認知されているのが「天狗(てんぐ)」である。“山の神”のイメージも強く、山で起こるさまざまな怪異の多くは、天狗の仕業であると考えられた。

tengu1

たとえば、「天狗倒し」。これは、山中で、木の倒れる音が聞こえ、様子を見にいってみると、何ごともないというものだ。ほかには、だれもいないところで急に小石や砂が降ってくるという「天狗つぶて」や、子どもが山中で行方不明になり、戻ってくると天狗に会った話をするという「天狗隠し」などがある。

現在、天狗といわれてすぐに思い浮かぶ姿は、赤ら顔で長い鼻を持ち、山伏装束に羽団扇というものだろう。こうした鼻高天狗の姿は、江戸時代に広まったものであり、中世まではくちばしや翼を持った烏天狗の姿のほうが一般的であったようだ。

天狗に関する最古の文献は、『日本書紀』の中で、舒明天皇9年(637年)に大流星が流れ、それを「天狗(アマツキツネ)」と記したものとされている。平安時代末期には、天狗は仏法を邪魔する魔物と考えられ、さらに時代が下ると、慢心した僧が死して変化するものであるといわれるようになった。

やがて民間伝承の中での天狗は、目に見えない山中の“何かあやしい現象”を起こすものとして扱われるようになる。遭遇譚の多い河童と違い、天狗と実際に出会って何かがあったという話は少ないが、天狗を退治した際に置いていったといわれる「天狗の詫び証文」などの遺物も残されている。

 

(「日本の妖怪FILE」より掲載)

文=宮本幸枝

  • 1

関連商品

日本の妖怪FILE

日本の妖怪FILE

宮本幸枝(編・著)

価格:571円+税
発行:学研プラス
発売日:2013/06/11

この記事と同じトピックを探す

関連記事

編集部おすすめ

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  • トータル