未確認モンスターで町おこし!?/ムー公式超日常英会話

Lesson8 Cryptid

 

名前で「ゆうま」さんがいると、ムー民なら「UMA発見……」って脳内で思うよね? 「ムー公式英会話」のレッスン、第8回のテーマは「未確認動物」だ。ちなみに「UMA」は和製英語なので、「ゆうま」さんも外国に行けば普通の名前だぞ。

さて、準備はいいかな?

 

mE6-05

 

この博物館に収蔵されている巨人族の骨を見せてください。

Could you please show me the bones of Giant tribe that are housed in this museum?

スミソニアン博物館が巨人の骨を隠しているという話がある。集客効果はあるはずだから、堂々と出したらいいのにね。

 

チュパカブラを「ゆるキャラ」として町おこしすることにした。

We decided to revitalize the town making Chupacabra as our own official “Yuru-Chara” mascot character.

ここまでオープンなノリだと、それはそれで違和感がある。でも家畜を殺されまくった被害額を取り戻すにはいいアイデアかも。

 

ジャイアントパンダはかつて、未確認動物だった。

Giant pandas used to be categorized as cryptids.

中国奥地の森に白黒の熊がいた! ……なんて目撃報告だけだと確かに信じてもらえなかっただろう。UMAが国家的なキャラに育った例が、コレね。

 

 

今回のレッスンはここまで! ご当地の未確認動物や妖怪で町おこしをしたい自治体がございましたら、ムー編集部まで情報をお送りください!

 

UFO・幽霊・陰謀・滅亡……なにが起きても大丈夫な「ムー公式 実践・超日常英会話」は、絶賛発売中!

 

meh1-1

  • 1

関連商品

ムー公式 実践・超日常英会話

ムー公式 実践・超日常英会話

ムー編集部(企画・監修)、宇佐和通(著)、石原まこちん(絵)

本体:1200円
発行:学研プラス
発売日:2017/08/23

この記事と同じトピックを探す

関連記事

編集部おすすめ

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  • トータル