UMAは海外で通じない! 日本のミステリー用語/ムー公式超日常英会話

Lesson9 Japanese Mystery

 

UMAやパワースポットなど、ヨコモジでも和製英語だったら通じない。「ムー公式英会話」のレッスン、第9回のテーマは「日本のミステリー」だ。外国人旅行者に日本の謎を紹介するときにも使えるぞ!

準備はいいかな?

 

mE6-09

 

日本ではウマのことを未確認動物だといって騒いでいるらしい。

Japanese people think UMA is a cryptid and make a big thing out of it.

UMA(Unidentified Mysterious Animal)はよくできた呼称だけど日本製の表現。某漫画の黒王号みたいな馬はUMA的なモンスターとして考えたいが。

 

スカイフィッシュを魚だと言うのは日本だけだ。

Only in Japan, flyingrods are literally taken as some kind of fish. 

スカイフィッシュは、英語だと「空飛ぶ棒」のほうが伝わりやすい。いわれてみれば魚っぽくはない。

 

水かきのある生き物が二足歩行した足跡を発見した。

I found some footsteps of a bipedal creature with webbed feet.

河童だろうも国際的に通用する時代だが、足跡の説明としては、安易に河童と断定しないことが大事。半魚人かもしれないし。

 

 

今回のレッスンはここまで! 日本のミステリースポットを取材したいという海外のメディアは、ムー編集部までご相談を。いい仕事しまっせ~。

 

UFO・幽霊・陰謀・滅亡……なにが起きても大丈夫な「ムー公式 実践・超日常英会話」は、絶賛発売中!

 

meh1-1

  • 1

関連商品

ムー公式 実践・超日常英会話

ムー公式 実践・超日常英会話

ムー編集部(企画・監修)、宇佐和通(著)、石原まこちん(絵)

本体:1200円
発行:学研プラス
発売日:2017/08/23

この記事と同じトピックを探す

関連記事

編集部おすすめ

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  • トータル