日本と世界で起こった恐怖の心霊事件の数々!/『真・怪奇心霊事件FILE』

文=宍戸宏隆

『真・怪奇心霊事件FILE』

sinreifile

人は死ぬとき未練を残す。間違いなく未練を残して死んでいく。それが人というものではないか。

死者の思い=未練は、もちろん状況によってさまざまだろう。だが、だれしも、いざ、死と向き合ったとき、あるいはまた、否応なしに死に直面したら、現世に残した未練がよぎるはずだ。

それは死後も断ち切れない想いである。だからこそ、死者がこの世に“現出”する。それが心霊現象である。そうした心霊現象は、毎日のように起きている。人を恨んで死を向かえた霊は怨念となり、交通事故などでこの世を去った人の強い想いは地縛霊となる。あるいは、わが子を残して死ななければならなかった親の霊は、子の守護霊となるのである。

『真・怪奇心霊事件FILE』は、超常現象研究の第一人者である並木伸一郎氏が、写真やビデオが捉えた心霊映像、だれも触っていないのにさまざまなものが飛び交うポルターガイスト、道端に立った何ものかがクルマを止める幽霊ヒッチハイカー、人々を死へといざなう自殺の名所など、世界中から報告される心霊現象の数々を写真とともに紹介する。

文=宍戸宏隆

  • 1

関連商品

真・怪奇心霊事件FILE

真・怪奇心霊事件FILE

並木伸一郎(著)

価格:626円
発行:学研パブリッシング
発売日:2015/7/8

この記事と同じトピックを探す

関連記事

編集部おすすめ

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  • トータル