並木伸一郎とエスパー・小林が厳選した恐怖の心霊写真!/『真・呪われた心霊写真FILE』

文ー宍戸宏隆

真・呪われた心霊写真FILE

心霊現象を記録したもの、それが心霊写真である。心霊写真は、いわく因縁のある場所で撮影されることが多い。たとえば事故現場、自殺の名所、殺人現場、古戦場跡、墓地、廃病院、廃ホテルなどだ。ごくまれに、実際に目撃されて撮影されることもあるが、たいていは偶然に写り込んでいて、あとで写真を見て気づくということがほとんとである。
写りこむ霊の中には、浮遊霊やのように、ほんとうにたまたま写りこんでしまったものもあれば、その土地や建物で病気や事故、事件などに巻き込まれ、強い未練を残して亡くなった地縛霊もいる。その一方で、被写体の人物の守護霊が事故や病気などの危険を警告することもあるのだ。
そんな心霊写真を、「呪い」「祟り」「浮遊霊」「地縛霊」などにジャンル分けして紹介しているのが、『真・呪われた心霊写真FILE』だ。これは、ムー本誌でもおなじみの超常現象研究家・並木伸一郎氏が国内外で撮影された心霊写真の中から特に恐ろしいものを厳選、その写真に秘められた背景を霊能力者・エスパー・小林氏が一枚一枚鑑定して掲載している。
エスパー・小林氏は、その生まれ持った強力な霊能力を駆使して、全国の霊症に悩む人々を救ってきた「眉間に第3の目を持つ男」とも称される第一線で活躍中の霊能力者である。小林氏の「眼」の写真はどう写ったのか? そして、そこにはどんなメッセージが込められていたのか、併せて、楽しめる一冊である。

文ー宍戸宏隆

  • 1

関連商品

真・呪われた心霊写真FILE

真・呪われた心霊写真FILE

エスパー・小林(鑑定)/並木伸一郎(著)

価格:626円
発行:学研パブリッシング
発売日:2015/7/7

この記事と同じトピックを探す

関連記事

編集部おすすめ

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  • トータル