現地取材! ブータンの人食い魔女「シム」伝説を追う!

文=松本祐貴

村を滅ぼした魔女の恐怖

チベット仏教の影響が色濃く残る秘境ブータン。人口はわずか75万人と熊本市程度。のんびりとした雰囲気が漂う国だが、今でも日常のそこかしこに「シム」と呼ばれる魔女を恐れる民間信仰が残っている。

典型的な魔女の昔話としては、峠を越えるときに暗くなってしまい、絶世の美女が男に迫ってくるというものだ。そして、恐ろしい顔に変身した魔女が男を殺し、食べてしまうという。日本でいえば山姥だろうか。

しかし、それは昔話にとどまらず、近現代でも魔女との遭遇譚はある――。いかにも手つかずの自然があるブータンらしい話である。

著者はブータンの魔女の実態を探るために現地調査に挑んだ。

butan1-1

まず、比較的最近の逸話をブータン中部在住の40代男性・クンブ氏が語ってくれた。

――20世紀初頭、ブータン北西のガサ城の大名に民衆はヤクの肉を献上していた。ある日、役人が肉の倉庫を見てみると骨だけになっていた。犯人は肉食のハチだった。怒った役人の男は6人の軍人に「ハチの巣を獲ってこい」と命じた。

獲りにいった彼らは逆にハチに追いかけられ、シウラという場所にまで追いつめられた。そこには全長2メートルを超す、信じられないほど大きなハチの巣があった。5人は帰ろうといったが、1人は命令なので獲って帰るといってきかない。彼は1人で巣に向かっていった。そこには、蛇に変身した魔女がいた。男は格闘の末、蛇の首を切り、ハチの巣を手に入れた。

城に帰る途中、バラナという村に軍人たちは泊まった。翌日、城にたどりついたのだが、退治した蛇の頭をバラナ村に忘れてしまった。

あわてて村に戻ると、すでに村の人は全員死んでいた。首を切られた魔女が怒り、たたりを起こしたのだという。バラナ村は廃村となり、現在では廃墟の家が残るばかりだという――

butan2-1

語ってくれたクンブ氏の表情は本気であった。日本の妖怪・山姥に例えたが、現地人たちを取材していると、とても妖怪どころの恐れ方ではない。

「車がある現代でも夜中に峠を越すのは、よほどの急用がないと行かない。絶対に辞めておいた方がいい。シムが出るからね。廃墟を見ただろう。お前の一族もあんな風になるぞ」

「本当はシム(魔女)という言葉を口に出すのも忌まわしい」といった表情でクンブ氏は魔女の恐ろしさを繰り返し語るのであった。

 

“魔女の手のミイラ”を目撃

ブータンの魔女の起源は、仏教の地獄にいきあたる。閻魔大王に裁かれた後、釜茹でや針の山に追い立てる鬼の一種に魔女がいる。日本人には鬼の女(メス)をイメージしてもらうとわかりやすい。

butan_majo1-2

こんな逸話もある。

――チベットのある高貴な人の結婚式でさまざまな人々が、お土産を持って集まっていた。参列者にはチベットを初めて統一した王・ソンツェン・ガンポもいた。ある少年は、手のひらほどの大きさの仏像を持ってきたが、床に落としてしまった。小さく軽いはずなのに、床に刺さった仏像は誰が抜こうとしても抜けない。そこにソンツェン・ガンポが現れた。

「これは大地に魔女がいて仏像を掴んで離さないのだ。魔女の力を封じるため108の関節に寺院を建て、魔女の体を釘付けにするべきだ」

と言った。人々は彼の言葉通り、多数の寺を建立したという――

ガンポはブータンにおけるチベット仏教の父と呼べる存在で、ブータン最古の寺院キチュ・ラカンも彼が建立した。また、この絵はチベット地方の地図になっており、キチュ・ラカンは108の関節のうちの1つ、魔女の左脚の部分に当たっている。

ブータンの古い寺には仏像のほかに宝物が伝わっていることが多い。実際に著者はポプジカという田舎町の寺で“魔女の手”のミイラを見せてもらった。

butan_majo2-1

実物を見ると、伝え聞いていた魔女が目の前に現れたような感覚であった。乾燥した手は小さくしわくちゃで、本物の老婆の手のようだ。手首のところで切り落とされ、寺の鴨居にぶら下げられていた。お寺の小増さんが、“魔女の手”の解説をしてくれた。

「この手は約300年前のものですが、最近でもウチの住職が魔女退治に出かけることがあります。人々の病気の原因になることもあるので、魔女の居場所や変身した姿を特定して、スピリチュアルなパワーでやっつけるのです。時にはお寺ではなく、人里離れた洞窟に住職が籠り、何日間もお経をあげつづけることがあります。ブータンでは魔女のほか、悪霊や雪男もいて、住職は非常に忙しいのです」

小僧さんの夢も将来は魔女を退治できるような立派なお坊さんになることだという。ブータンでは、魔女とはそれほど身近な存在なのだ。

butan3-1

(「ムー」2017年3月号より抜粋)

文=松本祐貴

  • 1

関連商品

ムー
2017年3月号

ムー
2017年3月号

本体価格:800円
発行:学研プラス
発売日:2017/01/07

この記事と同じトピックを探す

関連記事

編集部おすすめ

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  • トータル