プカリと浮かんで変性意識状態へ! アイソレーションタンク体験

文=文月ゆう

フローティングスパで何を見る?

噂には聞いていたフローティングタンク(アイソレーションタンク)。高濃度の硫酸マグネシウム(エプソムソルト)水にぽっかり浮かんでいると、不思議なヴィジョンが見えてくるとか、こないとか。

floatingspa2

……という、いかにも「ムー」的な興味はさておき、今やミランダ・カーをはじめとするハリウッド・セレブも御用達のリラクセーション法。水に溶け込んだエプソムソルトの効果で、お肌もツルツルになるとあって、日本の女子たちも興味津々です。スピ系から美容系、あるいはスポーツのイメトレに活用するという人まで、幅広い層の注目を集めつつあります。

 

ちなみに、筆者が最初にこれを知ったのは、1979年のアメリカ映画『アルタード・ステーツ/未知への挑戦』でした(日本では1981年に公開)。アイソレーションタンクの産みの親、脳科学者のジョン・C・リリー博士による感覚遮断実験をモデルとした作品です。

floatingspa3

 

題名の「アルタード・ステーツ」とは「変性意識状態」のこと。閉めきったタンクの中で水に浮かんでいると、皮膚感覚をはじめ、五感への刺激がほぼシャットアウトされます。すると、半分寝ているような、起きているような、という状態が容易に出現します。いわゆる変性意識状態です。このときに、「見る人は見る」らしいのです。

 

というわけで、期待を胸に、ぽっかり浮かんでみました。最初の約10分はヒーリングミュージックが流れ、タンク内の照明が穏やかな青や紫、ピンクなどに変化して、ちょっと楽しい感じ。そのうちに音楽がやみ、静寂と無感覚の中へ。

 

すると!!

……寝てしまいました。すみません。リラックスタイムどころか、睡眠タイム。でも終了後、凝りまくっていた首や肩がゆるんでいるのに気づきました。ラッキー! ちなみに、上手に浮かぶコツは「思いきって水に体を預けること」だそうです。沈もうとしても沈まないのだから、遠慮なく預けちゃってください。

floatingspa1

 

じつはこの日の取材は、辛酸なめ子さんもご一緒。そして、後で話を聞いたところによると、辛酸さんはタンクの中で思いがけない体験をして「体外離脱しそうでした」とのこと。いったい何があったのか!? 詳しくは、「ムー」7月号(6月9日発売)の「魂活道場」でレポートしてもらいます!

 

◆取材協力

フローティングスパCOCORODO(こころ道)

東京都江東区東雲1-9 東雲キャナルコート CODAN 11号棟222号

TEL: 050-5283-8403

http://www.cocorodo-float.com/

 

文=文月ゆう

  • 1

この記事と同じトピックを探す

関連記事

編集部おすすめ

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  • トータル