大入道や異星人とも遭遇!  大浦龍宇一さんの怪体験(後編)

文=いわたみどり

UFOの導きでウルトラマンに出演?

 

いわくつきの土地が多く存在する京都で生まれ育った大浦龍宇一さん。そんな大浦さんは、妖怪遭遇体験という驚くべき過去を持つが、なんとUFOとの遭遇も経験していた!

 

UFOの母船から卵が放射線状に

 

前編はこちら

 

妖怪との出会いや心霊的な話は20歳くらいまでで落ちつきましたが、昔から変わらずに見るのはUFOです。その中でも3年前に自宅から見たUFOは、ちょっと珍しいモノでした。

 

夜空を見ていて、独特なジグザグ飛行をする発光体に気がつきました。かなりの上空で小さかったんですが、何となく形はわかりました。アダムスキー型に似たイカのような形状で、下部の光る突起の色がつぎつぎと変化しています。

 

UFOかもしれないと思い、寝ていた息子を起こしてふたりで観察していると、しばらくした後、そのUFOから丸い球のような小さな物体が、ピューンと放物線を描いて地上へ向かって落ちたんです。母船と偵察隊なのかもしれませんが、まるで卵を産んでるような可愛らしい動きで、このパターンはかなり新しいなと(笑)。

 

その直後、ウルトラマンの特捜チームのUPG隊長役(特撮テレビドラマ『ウルトラマンギンガS』陣野義昭役/2014年、テレビ東京)が決まったので、やっぱりあれは異星人だったんだなと勝手に因縁を感じていましたね(笑)。

 

ouraryuichi02

大浦龍宇一(おおうらりゅういち)

1968年11月17日、京都府生まれ。俳優、歌手。1994年、ドラマ『この世の果て』(フジテレビ)のオーディションに合格して俳優デビュー。1996年には『夏の午後』で歌手デビューも果たす。以後、ドラマ、映画、舞台、CM等で幅広く活躍。近年ではバラエティ番組にも出演。

 

(「ムー」2017年6月号より抜粋)

 

文=いわたみどり

  • 1

関連商品

ムー
2017年6月号

ムー
2017年6月号

定価:800円
発行:学研プラス
発売日:2017/05/09

この記事と同じトピックを探す

関連記事

編集部おすすめ

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  • トータル