女性の霊が舞台上に出没! さとう珠緒さんの怪奇体験(前編)

文=いわたみどり 写真=松宮由希子

劇場を棲み処にする女の怨霊?

 

今年の2月、なだぎ武さんが主役の舞台をやらせていただいたんですけど、そこでちょっとした事件があったんですよね。

 

そこは、お寺の敷地内で裏手にお墓。そんな立地からか、当然のように“出る!”ということで有名な小劇場でした。でも、練習をしていても特に悪いことも起こらず、私の中ではすごくやりやすくて、むしろ“よい気が流れているなぁ、ルンルン♪”と思っていました。

 

本番を迎える数日前、道具、照明、役者の立ち位置などを確認する“場当たり”という作業を、私となだぎさん、そしてやはり共演者であるイジリー岡田さんの3人が舞台上でチェックしていました。

 

下手のほうに階段があって、そこに女優さんがひとり出てくる設定だったんですが、演出家さんから、場面的には最初はもっと静かにこっそり出てきてくださいという注意がありました。

 

2回目の場当たりで、階段の上の女優さんが視野の端に入りました。変更どおりちゃんとこっそりとした動きで登場。今度は大丈夫だな、と思っていたのですが……。

 

実は彼女、そのときは階段にはいなかったんです!

 

私だけではなく、なだぎさんも女性が立ったのを確認していました。ただし、イジリーさんや客席側にいたスタッフは見てないというんです。

 

それじゃあ、私となだぎさんが見たあの女性はいったいだれ!?

 

その後、舞台の本番を見に来てくれた知人が、

「階段の上に怖い顔をした女の霊が立ってた」

と……。しかもまったく同じことをふたりの人がいってきたんです。

まさかとは思っていたけれど、“これは本当にお化けさんだったんだ、キャ~~!”となりましたね。

 

先輩の女優さんからも、この劇場でお芝居をしたときに集合写真を撮ったら、上から“ニタリ”と笑った女の赤い唇が大きく重なって写ってた、という話を聞きました。

 

同じ女の人かもと思ったら、さらにゾワゾワしちゃいました。

 

 

*後編は2017年6月29日に公開予定です。

 

写真=松宮由希子

さとう珠緒(さとうたまお)

1973年1月、千葉県生まれ。キャンペーンキャラクター、レポーター、グラビア等の活動を経て、1995年、テレビ朝日『超力戦隊オーレンジャー』丸尾桃(オーピンク)役、続く1996年、『出動!ミニスカポリス』初代ポリス等で注目を集める。以降、ドラマ、映画、舞台、バラエティ等、幅広く出演を重ね、年齢を感じさせない若々しさで活躍中。

 

(「ムー」2017年7月号より抜粋)

 

文=いわたみどり
写真=松宮由希子

  • 1

関連商品

ムー
2017年7月号

ムー
2017年7月号

定価:800円
発行:学研プラス
発売日:2017/06/09

この記事と同じトピックを探す

関連記事

編集部おすすめ

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  • トータル