関東軍作戦参謀石原莞爾の神秘思想

文=藤巻一保

石原莞爾とふたつのテロ

日本を震撼させた軍部のテロに、海軍将校らが犬養毅首相を殺害した五・一五事件(昭和7年)と、陸軍将校が政府首脳や陸軍幹部らを殺害した二・二六事件(昭和11年)がある。

この両事件を評して、後に石原は五・一五事件には「純真で私心がなかった」と一定の理解を示したが、二・二六事件に関しては「全く堕落だ」と痛烈に批判した。なぜ二・二六は「堕落」なのか。将校らが天皇の軍隊を勝手に動かし、また軍人が手を出してはならない政治に関与して、陸軍を軍閥抗争に引きずりこんだと見たからである。

石原莞爾。
石原莞爾。

石原の軍閥の定義はきわめて簡明だ。軍閥とは「徒党を組んで政治行動に出る」軍人のことだと断言している。だからこそ彼は、自分の閥は断じてつくらなかったし、誘われると激烈な調子でその間違いを指摘し、情け容赦なく切り捨てた。

石原の目には、二・二六事件は軍閥の醜さが最も露骨に表れた事件として映った。皇道派青年将校を老獪な腹芸で使嗾したボスの一人の真崎甚三郎は、事件当日、わざわざ勲一等旭日大綬章を佩して、反乱軍が占拠している陸軍省に現れた。

「何の意味でかかる大事件の場合に旭日章を吊ってきたのか、誰れが考えてもおかしいではないか。……革命政府が出来たらその棟梁である真崎に当然組閣の大命でも降下すると思い込み、お召の場合をすでに考慮して、旭日章を吊って出てきたものとしか、俺には考えられない。大体、西郷隆盛になる(若い者の責任を負って割腹自刃の意)だけの度胸もなくて若い将校らにやらせて、イザ事が『非』となれば、知らぬ、存ぜぬで逃げる奴に何ができるか」

石原がこう語っているとおり、青年将校らは蹶起にあたり、真崎を首班とする革命政府の樹立という青写真を描いていた。それゆえ真崎は、首尾よくクーデターが成功し、首相に任じられた場合を想定して勲章をぶらさげた。陸軍省で自分を迎えた磯部浅一に、真崎は「お前たちの心はヨオックわかっとる、ヨォッークわかっとる」と、激励とも説得ともと、いかようにもとれる狡猾で政治的な言葉を発している。

事件当時、何も対処できずにいた陸軍首脳、とりわけ皇道派のボスの真崎や荒木貞夫に対し、急遽、戒厳司令部の参謀長に任命されて鎮圧の陣頭指揮をとった石原は、「こんな馬鹿大将がいるからこんな事件が起こるんだ。鎮圧ができないなら黙って引っ込んでいるがよろしい」と厳しく面罵している。

石原は皇道派でも統制派でもなかった。軍閥を思想的にも生理的にも嫌悪した。だから、皇道派のボスたちを罵倒したが、鎮圧後にはもうひとつの軍閥である統制派が天下を握り、皇道派をはるかに凌駕する政治活動にのめりこんだ。その筆頭が、日本を破滅に向かわせた暗愚の宰相・東条英機であった。

戦後、病に蝕まれていた石原莞爾。リアカーで出廷する有名な写真(鶴岡市立図書館)。
戦後、病に蝕まれていた石原莞爾。リアカーで出廷する有名な写真(鶴岡市立図書館)。

 

異端の軍人 石原莞爾の実像

このケースに見られるような過激な言動から、石原莞爾は傍若無人な異端児とみられがちだが、石原の「手足」とされた側近の杉浦晴男は「石橋を叩いて、なお渡らない方」と評している。ただし、ひとたび動けばその行動は果断迅速そのもので、逡巡するようなことは一切なかった。そんな石原を評して「織田信長を現世に見るが如き人」と中野正剛はいった。

私生活はあきれるほど謹厳そのものだった。労著『東亜聯盟期の石原莞爾資料』をまとめた野村乙二朗はいう。

「石原は殆ど生理的と言いたいほど寡欲であり、経済的には極端なまでに潔癖であった」

石原と陸軍士官学校同期・同中隊・同区隊で、退役後も石原と親しく接してきた元陸軍中将の平林盛人が証言する。

「絶対に飲酒せず、喫煙せず、料理屋へ行かず、女犯せず、日本の名士中、彼くらい清浄潔白なる者は知らない」

平林も石原同様の硬骨漢で、東條および太平洋戦争を厳しく批判してきた。戦争勃発直後の昭和16年12月29日、平林は将校の昼食会で「泥沼化している中国戦線を未解決のまま、米英軍を相手に戦う余力は、今の日本にはない。負け戦と分かっている戦争は、絶対にやってはならない」と言い切り、東條などは「憲兵司令官を最後に予備役に回すべき」男で、「陸軍大臣、総理大臣の器ではない」とまで公言していたことが、平成21年12月7日の毎日新聞報道で明らかになっている。

その平林は、石原を「あらゆる権威にも屈せず恐れず、所謂富貴も淫する能はず、威武も屈する能はざる」男だと評した上で、とりわけその徹底した「正義感」および「先見と大観」を激賞している。

石原には「私心」というものがなかった。それゆえ軍閥を蛇蝎のごとく嫌悪した。「閥」は私心に基づく人事から必然的に生まれてくる。情実人事によって阿諛追従の茶坊主連が権力の中枢に巣喰い、法律と権力による暴力という両刀によって反対者を黙らせていく。政治家も国民も「長いものには巻かれろ」で口を閉ざすから、国家はどんどん蝕まれる。当時の陸軍はその典型であり、情実人事のかたまりとして最後に登場してきたのが東条英機であった。

その東條に激しく噛みつき、独自の天皇信仰と東亜民族協和のプログラムを実現させようとした男──石原莞爾とは何者なのか。

ムー2017年9月号では、これまでとりあげてこられなかった資料も紹介しつつ、石原の実像に迫っていく。

201709nis

 

(ムー2017年9月号「関東軍作戦参謀 石原莞爾の神秘思想」より抜粋)

文=藤巻一保

  • 1

関連商品

ムー
2017年9月号

ムー
2017年9月号

定価:800円
発行:学研プラス
発売日:2017/08/09

この記事と同じトピックを探す

関連記事

編集部おすすめ

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  • トータル