安倍晴明も使用した法具「陰陽五方独鈷」の秘呪力

文=中村友紀 写真=福島広大

陰陽師とも縁のある独鈷

 

独鈷をご存じだろうか。奈良時代から平安時代にかけて、中国から日本に伝わったとされる密教の法具だ。もともとは古代インドの武器で、行者の身を護るためのものでもあった。そのため、仏堂を建立する際には本尊を守護する霊的結界の道具として、独鈷が用いられたケースもあるという。

このように独鈷には、結界=守護という性格がきわめて強い。

 

天然水晶から彫りだされた陰陽五法独鈷。本来は密教の法具だが、陰陽師で最初に使いはじめたのは、安倍晴明だという。
天然水晶から彫りだされた陰陽五法独鈷。本来は密教の法具だが、陰陽師で最初に使いはじめたのは、安倍晴明だという。

 

その独鈷が、陰陽道においてもきわめて重要な道具とされていると、安部晴明の流れに連なる第27代水の陰陽師・安部成道師はいう。

だが――。

陰陽道と密教の法具は、にわかには結びつきにくいイメージがある。そういうと成道師は、こう語りはじめた。

「そのとおり、独鈷は本来、陰陽道とはまったく関係のないもの、仏教の法具です。けれど、陰陽師も長年、独鈷を使っているのです。最初に使いはじめたのは、平安時代、もちろん安部晴明です。いいものだから、使ってしまおうということだったのでしょう」

それには次のような背景があったと、成道師はいう。

「晴明というのは、陰陽師仲間からは嫌われていたようです。型破りすぎたのです。当時の陰陽師は暦を読んだり、夢の判断をしたり、まあ、さまざまな仕事があったのですが、霊的なものに対しては結界でしか対応できませんでした。呪いについても、さほど深くは研究されていなかったのです。

それらをぜんぶ打ち破ったのが晴明です。彼には最初から、もっとも効率のいいやり方や術を求めて、どんどんチャレンジしました。仏教の法具である独鈷を使ったのも、そのひとつなのです。実際、術の効率は飛躍的にあがりました。いいものはいい、ということでしょうね。晴明はできるなら、数珠だって使いたかったと思います」

 

結界を形作る3つの独鈷

 

水の陰陽師が術で用いる独鈷は、形状が通常とは少し異なっている。独鈷といえば、両端が同じ形をしているのがふつうだ。だが成道師の手にあるそれは、片側は尖ってはいるものの、もう片側は先がいくつかに分かれている。

「それは、結界をつくるときの基本が面だからです。一方でも二方でも、面はできません。三方になってはじめて面、つまり結界ができるのです。そのため、片側が3つに分かれた三方独鈷は、術の基本になります。私たちはこれをつなぎ合わせることで、どんどん面、つまり結界を広げていくのです」

 

陰陽五法独鈷には、陰陽字が刻まれる。
陰陽五法独鈷には、陰陽字が刻まれる。

 

実は今回、成道師が手にしているのは、端が5つに分かれた五方だ。これは、父親から譲り受けた独鈷をベースに、三方をさらに五方に増やしたオリジナルの「陰陽五方独鈷」なのだという。

簡単にいえば、水の陰陽師家伝来の独鈷を、成道師が改良を加えてパワーアップさせたものなのである。

術を行うときに成道師は、陰陽五方独鈷を左手で握る。地面なら大地に打ち込むし、家のなかなら置く。こうして簡単に結界を張ることができるという。

 

 

魔の力を切り裂く陰陽五方独鈷

 

陰陽五方独鈷をよく見ると、そこには3つの「陰陽字」が刻まれている。これで、独鈷に術を定着させるのだという。また独鈷には、手にした者ひとりひとりの御度(オーラのようなもの)を読んだ成道師によって、最適な念が入れられる。

さらに、陰陽五方独鈷の力を極限まで引き上げるために、護符が加えられる。

読みとった個々人の御度に応じた念は、護符にも陰陽字として描かれる。こちらは、持ち主そのものの運気を好転させるためのものなのだ。

「陰陽五方独鈷は、それが家のなかに入っただけで、空間を浄化してくれます。使い方についてもとくにありません。できるだけ建物もしくは部屋の中央、中心に置いておくだけです」

 

一番下に陰陽字が描かれた護符、座布団、そして陰陽五法独鈷。この形で部屋の中央に置く。
一番下に陰陽字が描かれた護符、座布団、そして陰陽五法独鈷。この形で部屋の中央に置く。

 

あるいは部屋にいるときに、ぼんやりと握りしめるのもいい。そこで注意すべきは、必ず左手で握るということ。無心でさわっているうちに、体のどこかに引き寄せられる感覚がしたら、そこに当ててみる。

「陰陽五方独鈷には、水晶本来の力であるエネルギーを浄化するという術もいれてあります。ですから、体に当てることで滞りを解消し、気の流れをよくしてくれるのです」

さらにいうと、自分の「守り刀」として、外出先や旅行先に持ち歩くのもいいようだ。本来は武器だったのだから、悪い気を「切り裂く」ことで、持ち主を守る力もある。

節分では「鬼は外、福は内」の掛け声とともに、豆がまかれる。この考えは陰陽道の理にもかなっていて、幸運を招き寄せるにはまず、悪しきものを排除しなければならない。陰陽五法独鈷は、そのために最適なアイテムなのである。

 

手にする者ひとりひとりの御度に合わせた陰陽字の護符が描かれる。
手にする者ひとりひとりの御度に合わせた陰陽字の護符が描かれる。

 

(ムー2018年1月号より抜粋)

文=中村友紀 写真=福島広大

  • 1

関連商品

ムー
2018年1月号

ムー
2018年1月号

定価:870円
発行:学研プラス
発売日:2017/12/09

この記事と同じトピックを探す

関連記事

編集部おすすめ

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  • トータル