「電影少女2018」のような体験をしたい! 俳優・野村周平さん(前編)

構成=河上 拓 写真=木村哲夫

男友だちと飲むとオカルトっぽい話で盛り上がります

 

――そもそも「ムー」はご存じですか?
野村 もちろん知ってます。男の子ってみんな、こういう話が大好きですよね。男友だちと集まって飲みに行くと、毎回、一度は異星人とか霊の話になります。僕もアニメ『シンプソンズ』がいろんな予言を的中させてる話とかシュメール人の謎とか、あと、異星人にも興味があって。宇宙はこれだけだだっ広いから、人間みたいな文明は絶対あるはずですし。

 

――どこかに必ずいるはずだと。
野村 異星人って感情を持ってなさそうなので、そのとき自分が都合がいいと思ったことをやる。普通に仲間を殺してしまう人種かも……。音楽とかは地球 人がすごいじゃないですか。だから異星人が聴きにきてそうだとか、そんな話を仲のいい先輩や友だちとよく一緒に話してます。

 

――ドラマ『電影少女2018』はテレビ画面のなかから、異次元人が現実世界にやってくる話ですね。
野村 これも信じたいですよね。西野(七瀬)さんみたいにキレイな子が出てくるのであれば嬉しいですよね。原作もそうですけど、今回のドラマも中学生が観たら妄想しちゃって大変ですよね。本当に出てくるんじゃないの?って。

 

――もし、出てきたらどうしますか?
野村 でも僕のところには出てこないですね。純粋な人のところにしか出てこないから(笑)。

 

――恋愛SF漫画の名作が原作ということで、心がけた点はありますか?
野村 やっぱり、アイちゃんのかわいさを見せる作品なので、いかに彼女が原作のようにかわいく見えるかってことを僕らも心がけました。西野さんはかなりおとなしい子なんですよ。アイちゃんっていう積極的なキャラを演じやすいように、とりあえず現場では初日から話しかけていって、撮影の合間は常にふざけ倒して彼女のテンションを上げてましたね。それとアイちゃんは25年前のビデオから出てきたって設定だから、「余裕のよっちゃんだぜ !」とかいったりするんですよ。そういう言葉を一緒に何度も大声で練習したり。だから、あの明るくかわいいアイちゃんが生まれたのは、僕のおかげでもあると思います(笑)。

 

20180224_syuhei

土曜ドラマ24『電影少女〜VIDEO GIRL AI 2018〜』
毎週土曜深夜0時20分〜 テレビ東京系で放送中。
■作品紹介
出演:西野七瀬(乃木坂46)、野村周平
漫画家・桂正和氏の人気作「電影少女」を新たな設定でドラマ化。原作の世界から25年後の現代を舞台に、高校生の主人公、弄内翔(野村周平)と、彼によって25年ぶりに現実世界に現れたビデオガール・天野アイ(西野七瀬)の奇妙な生活がはじまる。
週刊少年ジャンプの伝説的恋愛SF漫画が初ドラマ化 !

 

写真=木村哲夫、ヘアメイク: NORI、スタイリスト:九(Yolken)、衣装協力=FTC TOKYO・Dickies
写真=木村哲夫、ヘアメイク: NORI、スタイリスト:九(Yolken)、衣装協力=FTC TOKYO・Dickies

 

◆野村周平(のむら しゅうへい)◆

俳優。1993年、兵庫県生まれ。2010年俳優デビュー。映画『ちはやふる』『帝一の國』など話題作に多数出演している。

 

*後編は2018年3月3日に公開予定です。

 

(「ムー」2018年3月号より抜粋)

構成=河上 拓 写真=木村哲夫

  • 1

関連商品

ムー
2018年3月号

ムー
2018年3月号

定価:800円
発行:学研プラス
発売日:2018/2/09

この記事と同じトピックを探す

関連記事

編集部おすすめ

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  • トータル