ムー9月号に小日向文世さんが登場!

芸能界のムー民・小日向さんが満を持して登場

小日向さんカラー_web

温厚な役柄から悪人まで何でもこなす実力派俳優・小日向文世さん。昨年『あさイチ』(NHK)に出演された際、いきなりムーについて熱く語り始めた小日向さんに編集部は騒然。かつて熱心な愛読者だったということで出演をお願いしたところ、多忙なスケジュールの合間を縫ってご自身の不思議体験を語ってくださいました!

取材当日。部屋に入ってきた小日向さんは、机の上に置いてあった月刊ムーを発見するなり満面の笑みに。「最近台本を覚えるのに忙しく、なかなか読めていない」とのことで、久しぶりのムーとの対面に、気持ちが高ぶるのが抑えられないご様子です。

はじめは、「UFOや不思議なものを見たことはないんです」と仰っていた小日向さんですが、話が進むうちにさまざまな不思議体験が明らかに。少年時代から何度も金縛りの経験があるそうなのですが、それを特殊なことだとは思っていなかったそう。取材陣は全員金縛りにあったことがないとお伝えすると、「みんな金縛りにあわないの!?」と驚かれていました。

そして何より印象的だったのは、小日向さんの聞くものを惹きつける語りです。舞台出身の俳優さんだけあって、小日向さんが独特の間をはさみながら話しはじめると、一気に空気が変わります。その場にいた全員が、語りにぐっと引き込まれて集中しているのを感じました。小日向さんの体験が、まるで映画のワンシーンを見ているように伝わってくるのです。とくに、本誌でも紹介している、亡くなった元僧侶のお父様から目に見える形でメッセージを受け取ったときのことを伺っていたとき――お話に引き込まれるあまり、思わず泣きそうになってしまったのを必死に堪えていたのはここだけの話。ぜひみなさんも、小日向さんボイスで脳内再生しながら読んでみてください!

そんな小日向さんは、現在大ヒット公開中の映画『HERO』(東宝)に出演中です。そちらもお見逃しなく!

 

  • 1

関連商品

ムー(2015年9月号)

ムー(2015年9月号)

ムー編集部(編)

価格:800円
発行:学研パブリッシング

この記事と同じトピックを探す

関連記事

編集部おすすめ

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  • トータル