スマホで井戸を掘ったマサイの戦士・ルカが「苦手なもの」とは?

ライオンよりも幽霊よりも……

 

先日、マサイの神、そしてケニアの幽霊について話を聞いたマサイの戦士、ルカ・サンテ氏。

「マサイ通信」のライターでもある彼のプロフィールには「ライオンとの戦績は一勝無敗」とある。一度でも負ければ生きていられないのではないか……という日本からの目線はさておき、ルカの村でもライオンに勝ったことがあるのは数名だとか。

 

ライオンより強いマサイの戦士が幽霊を怖れないことは前回の取材で明らか。出てきたら怖いのは怖いが、日頃からビクついているわけではない。

 

しかし、そんなマサイの戦士でも怖れるものがある。ロケットニュース24の「マサイ通信」を読んでみたら、結構ある。

 

うっかりスマホを使いすぎてしまったためのパケ死とか、村に闖入してくる野良ゾウとか突然の竜巻とか。あとはマサイの昔からの生活に干渉してくる不良役人とか武装警官とか。バイクで自損事故とか。

 

マサイのルカがスマホで井戸を掘る話/ルカ・サンテ&GO羽鳥(著) 学研プラス(刊)
マサイのルカがスマホで井戸を掘る話/ルカ・サンテ&GO羽鳥(著) 学研プラス(刊)

 

そしてやはり干ばつを怖れている。

水に困ったときに天空神エンカイに祈るだけでなく、自ら稼いだ原稿料で井戸を直したルカ氏は、マサイ族として現代社会と闘っている。

 

スマホを使ったアレが意外と苦手

 

そんなマサイの戦士ルカ・サンテ氏と、日本人のGO羽鳥氏が綴ってきた「マサイ通信」が書籍「マサイのルカがスマホで井戸を掘る話」として学研から刊行される。

 

20180329_luka_1

 

実は本書の制作に「ムー」も協力しているのだ。その縁を遡ると軽く10年以上前になるので、ここでは触れない。

 

そんなルカ氏に、「発売に向けて日本の読者にメッセージを送ってくれないか」と頼んでみた。

 

ところが。

ルカどこ?

ブロロロ……というエンジン音や、なにやらザワザワした街の音だけ。

20180329_luka_3

なにか事件でも起きたのか?

ルカやマサイ族になにかトラブルがあったのか?

「マサイ通信」では不良役人との抗争もレポートされていたし、心配になったのだが……ルカいわく「キマナの市場だよ」だという。

日本の読者に、そんなわかりにくい「マサイ元気です」動画を送ってどうする。

 

というわけで、改めて「日本の読者への挨拶とか、読んでマサイのことを知ってくれとか、そういうの」とリクエストしたのだ。

 

すると……。

20180329_luka_4

 

やっと、ルカからの「メッセージ動画」が届いた! 手持ちから固定してのフレームインというドキュメンタリー感ある映像だ。

風の音で何言ってるかわからないが、事前の「こんな感じ?」やりとりからすると、

「Hi I’m LUKA, a massai worrior and writer. My reports are publishing as a BOOK in Japan. I wanna you and many Japanese, know massai life and anboseri nature. I have a next dream. So, I wanna make more money by report and book income、Hahaa. Ashe oleng!」

「オレが戦士でライターのルカだ。オレのレポートが日本で本になる。あなたや多くの日本人にマサイのことやアンボセリについて知ってほしい。オレには次の夢もある……。だから、マサイ通信やこの本でカネをもっと稼ぎたいんだ(笑)。じゃ、アッシェオレン(ありがとう)!」

だと思われる……。事前に「こんなでいこう」と確認して、おそらく練習もしただろうに、本番でうつむいてメモを読んでいるのは、なんともかわいらしい。

 

20180329_luka_5

 

「シャイだな! 恥ずかしがってるのか? カメラを見て笑ったらよかったのに」と聞いてみると、

「初めてだったからな(笑)!」

 

マサイ通信でいろいろなメッセージや写真、動画を日本に届けているルカ氏だが、「動画で自撮り」しかも(ちゃんとした)メッセージは初めてだったようだ。

意図せず、ルカに新しいライター・テクニックへのチャレンジをさせてしまった。

 

だが、この臆せずに「なんでもやってみる」意欲こそ、戦士らしいではないか。膝を小さく抱えていたけれども。

 

ルカなら、マサイ通信や書籍の収入で、新しい夢を実現していくのではないか。

井戸の次に学校を直し、そして、おそらくルカの中には、もっと先の目標もあるだろう。

 

ムー民・マサイ族のルカ・サンテを、「ムー」は今後も応援していく。

 

 

20180329_luka

「マサイのルカがスマホで井戸を掘る話」

ルカ・サンテ&GO羽鳥 著

1200円+税

2018年3月30日発売

 

  • 1

関連商品

「マサイのルカがスマホで井戸を掘る話」

「マサイのルカがスマホで井戸を掘る話」

(著)ルカ・サンテ&GO羽鳥

1200円+税
2018/03/30
学研プラス

この記事と同じトピックを探す

関連記事

編集部おすすめ

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  • トータル