電気で味が変わる、催眠術で味覚をだます? 驚異の電気味覚・後編/グルメの錬金術師

文=川口友万

電気フォークが生み出す錯覚

前編はこちら

 

味覚フォークの構造はとてもシンプルだ。柄の中に充電式の電池が内蔵され、スライダー式の調節レバーとプラス極とマイナス極の極性を反転させるスイッチが付いている。

柄にぐるりと巻かれている銅版が電極だ。

gurume_20180615-1

フォークが口に触れると、口→腕→手→フォークの柄と電気の回路ができるわけだ。この回路を電気が流れる。

電気味覚のデバイスは、舌と体と電池の間に回路ができればいいので、形自体は何でもいい。他にも電極の付いたストローとグラスで飲み物味を変えるなど多様なデバイスを開発している。

ではなぜ最終形をフォークにしたかといえば、

「これを使うと味が変わりますといったときに、実際に使ってもらうにはフォークやスプーンを使った方がいいと思ったんです。金属ですし、これなら付けられそうじゃん、と」

と中村さん。

 

フォーク側がプラス極のときは味が強化され、マイナス極の時は変化がない。

「フォーク側をプラス極にすると電気の味が加わります。結局、他の食べ物との組み合わせで、食べ物の味が増強されたように錯覚するんです」

錯覚なんですか?

電気が五味全部の神経を刺激していると考えられているんです、と青山さん。

「食べた味に電気味という雑味が加わることで、元の味を想起しやすいんです」

これは2016年に行われたイベント『NO SALT RESTURANT』(企画立案・全体統括 ジェイ・ウォルター・トンプソン・ジャパン、プロダクト実用化はジェイ・ウォルター・トンプソン・ジャパン、aircordが担当)のメカニズムでもある。『NO SALT RESTURANT』は名前の通り、いっさい、塩分を加えていない食べ物でメニューを組み立て、それを電気味覚フォークで食べるというものだった。

すべての料理に塩分はないのだが、食べた人は電気に刺激された味覚に、塩味がすると錯覚した。

「とんかつやチキンライスなど、目で見ただけで唾液が出て来そうなものを料理研究家さんにチョイスしてもらっています」

中村さんのたくらみは、見た目で味をイメージさせた上で、電気味覚で舌を刺激して、電気味を塩味に錯覚させることだったのだ。

gurume_20180615-2

中村さんの開発した「味覚フォーク」。電気で味を変える未来のメカだ。

 

チーズの味が変わった!

何はともあれ、まずは体験。市販のチーズの味がどう変わるかを試してみる。

中村さんにいわれるまま、チーズをフォークで刺して……、

「舌にチーズを当てたままにしてください」

舌にチーズを押し当ててスライダーを上げる。

「半分ぐらい上げただけで、十分に変化がわかると思います」

……おっ。おおっ。おおおっ!

「味が『舌に迫ってくる』と表現された方もいます」

 

なんだこれ!

味が急に濃くなる。安いチーズがゴーダチーズのような濃厚な味に変わったのだ!

面白いな、これ。安い味が高い味に変わりますね。

「人体を回路にしているので、これが1人でも2人でもあまり変わらないんですね。イベントなどでは、カップルに手をつないでもらって、片方が片方に食べさせると味変わるよってやったりしています」

味覚細胞は少ないながら、喉の奥にも分布している。そこで喉に電極をつければ喉越しを生み出すことも。いわば電気ビールである。

電気によって味が生まれるのではなく、味覚が過敏になることで、ないはずの味が現出する。いわば脳がだまされているわけだ。

gurume_20180615-3
明確に味が変化した! 電気と食の関係は、これから深掘りしていくべきテーマだろう。

関連商品

ラーメンを科学する

ラーメンを科学する

川口友万(著)

価格:1500円+税
発行:カンゼン
発売日:2018/01/05

この記事と同じトピックを探す

関連記事

編集部おすすめ

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  • トータル