「怖いものがすごく苦手なんです」浅川梨奈さんの不思議体験(後編)

「マー」じゃなくて「ムー」?

 

前編はこちら

 

――今回の映画はホラーですよね?

この作品はコメディ要素が入ってるので大丈夫でした(笑)。

 

――「ムー」によく似たオカルト雑誌の「マー」が出てきたりもしますしね。

撮影のときに、「ムー」じゃなくて「マー」なんだ!って話してたから、今日、「ムー」さんの取材があるって聞いて、「マー」じゃなくて?って、聞き返しちゃいました(笑)。

 

――映画はゾンビとのアクションシーンが結構ありますよね。

私はバットを使って戦ってます。最初は難しかったんですけど、だんだんアクションが楽しくなってきて、撮影では相手がゾンビと思って、本気でぶつかったり、踏みつけたりできるようになりました。で、終わってからごめんなさい!ってゾンビ役の方に謝るっていうのを繰り返してましたね(笑)。いろんな武器を使った派手なアクションシーンがたくさんあるので、見ていてワクワクする映画になっていると思います。

 

――映画はアイドル役の浅川さんがゾンビに嚙まれてしまい、血清を捜す物語ですが、浅川さんがもしゾンビに嚙まれたらどうしますか?

私だったらそのままゾンビになることを選ぶかも。どこから腐っていくんだろうとか興味があるし、ゾンビも楽しそうって思っちゃうタイプなので。でも、興味はあるんですけど仕事に影響するので、できるだけ嚙まないでほしいですね(笑)

 

20180622_ask2

 

◆浅川梨奈(あさかわなな)◆
1999年生まれ。埼玉県出身。アイドルグループSUPER☆GiRLSのメンバーとして活動しながら、雑誌グラビアでブレイク。女優業にも幅を広げ、ドラマ「咲-Saki-」「14の夜」などにも出演している。

 

20180622_ask

「トウキョウ・リビング・デッド・アイドル」
6月9日から全国順次ロードショー
配給・トリプルアップ
出演・浅川梨奈、阿部夢梨、尾澤ルナほか

 

(ムー2018年7月号より抜粋)

  • 1

関連商品

ムー2018年7月号

ムー2018年7月号

定価:820円
発行:学研プラス
発売日:2018/6/09

この記事と同じトピックを探す

関連記事

編集部おすすめ

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  • トータル