九天玄女が導いた! マイナスをプラスに転換する「趨吉避凶不運好転符」

文=井頭 史

祭壇の女神像に奇現象が起きた!

 

「こちらの女神様は、どなたですか? 目が動いています」

2016年冬のことだ。鮑義忠師が営む「青龍堂」を訪れたBeBe師は、祭壇に祀られた九天玄女像を見ると、そういった。BeBe師は、世界的に著名なリリアン・トゥーに師事した風水師で、自動書記によって神託を伝えるシャーマンでもある。そして九天玄女は、風水の開祖といわれる女神で、鮑師を導く神々の一柱だ。

「また変なことをいって。動くわけがないでしょう」

風水道士とはいえ、基本的にリアリストの鮑師はそう答えたが、BeBe師は聞き流した。

「ロウソクを1本、貸してください。それと、部屋を少し暗くしてもらえますか?」

指示どおりに暗くし、ロウソクを手渡した。BeBe師が火を点し、薄明かりのもとで女神像を見ると、目が動いているのが、鮑師にもわかった!

この不思議な出来事からほどなく、BeBe師は九天玄女から神託を受けたそうだ。それは、「玄天上帝と12の神将をお祀りせよ」と、鮑師に命じるものだった。

 

鮑義忠師。
鮑義忠師。

玄天上帝とは、道教の始祖である太上老君の82番目の化身とされている。『北遊記』によれば、36の妖魔を制圧し、配下に置いた神である。

「玄天上帝様は、私の守護神である関帝様より、はるかに位の高い方です。まさかその神様から護符の書き方を教わることになるとは……」

そうなのだ。神託に従って玄天上帝を祀った鮑師は、それ以降、BeBe師を介して、玄天上帝の神託をひんぱんに受けるようになった。なかには、護符の書き方が詳細に指示されたものもあった。

そんな鮑師が、大きな変化を感じるような神託が、今年2月に下ったという。

「これまでつくってきたものとは、かなり赴きの異なる護符をつくるよう命じられました」

話は、3年前にさかのぼる。

 

玄天上帝。
玄天上帝。

 

 

負のエネルギーが人間界に噴出!?

 

「じつは、2015年に、東京から見て西の地域で〝国生み〟が起こるはずでした。これは、別の神様からの神託によってわかったことです」

と、鮑師は語る。国生みというのは、日本神話に記された、イザナギ・イザナミの2神による国土創生を指す。めでたいことのように思えるが、2015年の国生みに関しては、そうではない。このときに起こるはずだった国生みとは、要するに大規模な地殻変動なのだ。それは取りも直さず、大地震の発生を意味する。

「日本列島が、くの字に折れ曲がるくらいの大災害が起こってもおかしくなかったという神託をいただきました。しかし、結果的に回避されたのです」

回避できたことは幸運だったのか、そうではないのか。神託によれば、国生みのエネルギーは消滅したわけではなく、一時停止しているにすぎないという。また、起こるべきことが起こらなかったというのは、なんらかの要因によって自然の理ことわりが曲げられたことを意味する。そのため、行き場を失ったエネルギーが、歪んだかたちで人間界に噴出しているそうだ。

「たとえばここ数年は、ご神事にかかわるような分野で、大きな不祥事がしばしば発生しています。このことひとつを取っても、不穏なエネルギーが蔓延していることがわかります」

鮑師の言葉を待つまでもなく、安らかとはいいがたい日々を過ごしている人が、もしかしたら多いのではなかろうか。南海、東南海、首都圏直下型といった大地震への不安はもちろんあるし、少子高齢化、子供の貧困、介護をめぐる問題など、どちらを向いてもネガティブな状況が目に入ってくる。そこへさらに、自分自身の金銭的な問題や人間関係にまつわる厄介事が加わるのだから……。

 

 

 

負を正に変えて金運上昇へ!

 

こうした人間界の窮状を見かねてか、これまでになかったタイプの護符をつくるよう、神託が下ったのだ。

20180911gt1

 

「新たな護符の名は、『趨吉避凶不運好転符』といいます。所有者に影響を及ぼしそうな魔の力やマイナスのエネルギーをプラスに転じて開運に利用するというものです。

玄天上帝様は、雷神であり武神なので、魔を調伏する力が非常に強いし、戦略家でもあります。邪悪なエネルギーを逆に利用するのだと教えられたときには、なるほどと思いました」

 

これまで鮑師がつくってきた護符は、魔を祓うものや、幸運を呼び寄せるものが多かった。しかし今回の護符は、エネルギーそのものを転換する。

「皆さんも感じていらっしゃると思いますが、ネガティブなエネルギーは、いたるところに存在します。それらをすべて吸収して、ポジティブなエネルギーに転換し、所有者の開運につなげるのです。所有者ばかりか、周囲の方にとってもプラスになるでしょう。まさに、究極の開運を実現する護符といえます」

 

 

 

(「ムー」2018年10月号より抜粋)

文=井頭 史

  • 1

関連商品

ムー 2018年10月号

ムー 2018年10月号

820円
学研プラス
2018/09/07

この記事と同じトピックを探す

関連記事

編集部おすすめ

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  • トータル