70年代「ツチノコ」ブーム/昭和こどもオカルト回顧録

文=初見健一

もっとも子どもたちに愛されたUMA

流行しては消えていった70年代昭和こどもオカルトのアレコレのなかで、ドカン!とブーム化することはなかったがボンヤリとみんなが話題にしていた……といった記録に残りにくい小ネタを記憶の隙間から引っぱりだしてみる、というのが本コラムの一応の趣旨なのだが、今回は異例の大ネタである。

 

70年代半ばから後半にかけて、大人も子どもも夢中になった「ツチノコ」を取りあげてみたいのだ。といっても、この日本を代表するUMAの基本情報についてはネット上にもあふれているし、僕も本や雑誌に何度か書いてしまっているので、今回は主に子ども文化におけるブームの推移といったことに焦点をあててみたい。現在、多くのメディアでは「1974前後に勃発したツチノコブーム」などと語られることが多いのだが、僕ら世代が体感した80年前後の「第2次ブーム」の熱気もけっこうスゴかったゾ……といったあたりのことを回顧したいのである。

また、毎回、このコラムは「いくらなんでも長すぎる!」という声もあるので、「ツチノコ特集」は今回と次回の前後編でサクッと完結するつもりである……と最初に宣言しておくことで「またついつい長くなっちゃった!」という失態をあらかじめ防いでおくことにする(こういうことをいちいち書いているから毎回長くなるのだ!)。

「ツチノコ」は、僕ら世代の小学生たちの多くが本気で捕獲を試みたことのある唯一のUMAである。これは「ツチノコ」ならではの特性であり、日本中であれほどの大ブームが起こった要因もここにある。

昭和の時代に流行したUMAの多くはたいてい厳密に「地域限定」であり、ほとんどの場合、その棲息地は絶望的なほど遠方だ。オカルトブーム全盛期とはいえ、どんなボンクラ小学生でも「ネッシーや雪男をつかまえにいこう!」などと言いだすバカはいなかったし(石原慎太郎は言いだして、しかも本当に行ったが)、国内産UMAにしても、「イッシー」やら「クッシー」やら「ヒバゴン」やらに対してなんらかの主体的行動を起こせる子どもは、基本的には「ご当地」の子だけだ。結局のところ、UMAがどれほどブームになろうとも、それは「遠くのどこかにいるらしい」という逸話=情報として楽しむほか、楽しみようがないのである。

が、「ツチノコ」だけは違っていた。なにしろ当時の子ども向けオカルト本の多くは、多数の目撃例がある場所に印をつけた日本地図などを示しながら、「ツチノコは日本のいたるところに棲息している!」などと断言していたのだ。しかも、特に東京っ子の僕らが興奮できたのは、多くの本で「首都圏にも目撃例は多く、特に多摩川沿いはツチノコ多発地帯!」などと書かれていたからなのである。「ツチノコ」は僕らのすぐそばにいるのだ! 僕を含め、多くの子どもたちがそう信じた。信じることができたのだ。

これは単に棲息地が身近だったというだけの問題だけではない。「ツチノコ」の特別なリアリティは、あのデザイン(?)によるところも大きいのだ。一種妖怪じみた異形の姿でありながら、しかし「この程度の生物なら実在するかも……」と思えてしまう。異様だが、異様すぎない。その非現実感のサジ加減が絶妙なのである。

これらの条件を満たしているからこそ、「ツチノコ」は子どもたちが「つかまえに行こうぜ!」と真顔で言える唯一のUMAになり得たのである。「会いにいけるアイドル」ならぬ、「つかまえにいけるUMA」なのだ。もちろん決してつかまえられることはないのだが、少なくとも「ツチノコ捕獲ごっこ」という「遊び」に、当時の子どもたちは本気で夢中になることができたのである。こんなUMAはほかにはない(いや、もうひとつ「ケセランパサラン」という非常に特異な植物系UMAが存在してはいるが……)。

okaruto_20181108-1
『ムー』2010年9月号掲載記事「ツチノコサミット2010開催」より。70年代から現在にいたるまで「幻の怪蛇」として君臨し続ける「ツチノコ」。その姿や習性など、語り継がれる基本情報は我々の子ども時代からまったく変わっていない。

この記事と同じトピックを探す

関連記事

編集部おすすめ

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  • トータル