「見えない世界」=亜空間とつながる!? プラズマ・トンネルが出現した!

文=村主みのり

松原照子が触れ合う世界への入り口か?

「何だ、これは……」

2018年6月に開催された「松原照子と行くバスツアーin日光」の画像を確認していた松原オフィスのA氏は、思わず手をとめ、まじまじと見直した。

バスの中で、松原氏が参加者に挨拶する様子をとらえたうちの一枚に、奇妙なものが写り込んでいたのだ。

matsubara2-1
撮影=永田雅裕(スタジオサリュー)

 

この画像がそれだ。

画面右下をご覧いただきたい。灰色の雲のようなものがある。下のほうにはポッカリと丸い穴があいていて、向こう側が透けて見える。

「この画像、変ですよね。この灰色のものは何でしょう?」

「さあ、何でしょうね。私にもわかりません」

A氏と、この画像を撮影した永田雅裕氏は、そんなやりとりを交わした。

じつは、永田氏はプロのベテランカメラマンだ。よって、何かが写り込んだとか、撮影ミスをしたということは考えにくい。改めて永田氏に確認すると、こんな答えが返ってきた。

「撮影時に余計なものが視界に入ったら、よけるなり、角度を変えるなりして撮ります。このときも、何もないことを確認してから撮ったはずです」

 

肝心の、松原氏の反応は?

「なんやこれ。変やなあ……」

A氏によれば、画像を見てそうつぶやき、首を傾げていたとのことだが、それ以上のコメントはなかったという。わからないものは、わからない。わかったふうな理屈をつけないところが、松原氏の魅力でもある。

この奇妙な画像は、松原氏のウェブサイト「幸福への近道」の会員向けコンテンツにいったんアップされたものの、「やっぱり気味が悪い」と感じたA氏が、ほどなく削除した。

それにしても、灰色の雲のようなものは、いったい何だろうか。

 

もしかしたら、プラズマ・トンネルなのかもしれない。

プラズマによって亜空間が生じ、異世界あるいは異次元と、この世がつながるという説があるのだ。

プラズマとは、固体、液体、気体に続く物質の第4の状態だ。プラスイオン、電子、電気的に中性な原子と分子、光子の集合体で、周囲の環境と「独特な相互作用」をもつともいわれる。

サイエンス・エンターテイナーの飛鳥昭雄氏によると、かつてアメリカ海軍が「フィラデルフィア実験」なるものを行った際には、複数の方向から高周波を浴びた船艦が、霧に包まれたかと思うと、姿を消したという。

飛鳥氏にもこの画像を見ていただいたところ、「プラズマ・トンネルの可能性がある」とのことだった。

見えない世界の住人とコンタクトをする松原氏は、無意識にプラズマを生じさせているのだろうか。

ひょっとしたら、松原氏は、プラズマによって生じた亜空間を通じて、見えない世界とつながり、さまざまな情報を得ているのかもしれない。

matsubara3-1
宇宙空間から撮影されたオーロラ。これもプラズマ現象のひとつである(写真=NASA)。

 

(ムー2019年1月号より抜粋)

文=村主みのり

  • 1

関連商品

ムー2019年1月号

ムー2019年1月号

890円
2018/12/07

この記事と同じトピックを探す

関連記事

編集部おすすめ

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  • トータル