願望実現と破邪の力がある!? 光る石ユーパーライト・パワーストーン

文=村主みのり

紫外線を当てると明るく輝く!

 

「パワーストーン愛好家のなかでは、2017年から大きな話題になっていましたが、こうして手にするのははじめてです。いや、これは面白い」

そう語るのは、秋山眞人氏。日本を代表するサイキックのひとりだが、じつは幼少期から糸魚川で翡翠を採取するほどの鉱物好きで、現在は、オフィスでもある「マインドアンティーク博物館」にて、世界各地から集めた珍しいパワーストーンや骨董品などを販売している。

その秋山氏ですら「手にするのははじめて」という石の正体は、「紫外線を当てると光る石」として、がぜん注目を集めているユーパーライトだ。世界中のニュースやサイトで紹介され、鉱物やパワーストーンの愛好家たちの間では、垂涎の的となっている。

 

照明を落とし、ユーパーライトにブラックライトを当てると、ソーダライトの部分が光る。
照明を落とし、ユーパーライトにブラックライトを当てると、ソーダライトの部分が光る。

 

この石の存在が公になったのは、2017年夏のことだ。

発見者は、宝石・鉱物商のエリック・リンタマキ氏。発見場所は、米国ミシガン州のスペリオル湖畔である。

じつはリンタマキ氏は、その15 年ほど前、ブラックライト(紫外線を放射する電灯)を当てると光る石があることを知り、夢中になってスペリオル湖畔で石捜しをつづけていたらしい。それがユーパーライトの発見につながったのだ。

ちなみにユーパーライトという名称は、ミシガン州アッパー半島の住人たちを表す「ユーパーズ」という言葉からきている。

 

普通の明るさのなかでも、ブラックライトを当てると、こんなふうに光る。
普通の明るさのなかでも、ブラックライトを当てると、こんなふうに光る。

 

 

 石に含まれる雲母が邪気を跳ね返す!

 

さっそく秋山氏は、紫外線を放射するブラックライトを取りだし、石に当てた。

「おお、かなり光りますね。ミシガン工科大学とカナダのサスカチュワン大学が共同で検証したところによれば、ユーパーライトの主成分は閃長岩で、光っている部分はソーダライトだそうです。なぜ閃長岩にソーダライトが混ざり込んだのかは、今のところ謎とされています」

秋山氏がいうには、閃長岩の組成は、花か崗こう岩がんと非常によく似ているそうだ。花崗岩の成分中にアルカリ分が多くなると、石英が減って角閃石が多くなり、閃長岩と呼ばれるのである。

「花崗岩は、日本では御影石という名で知られています。墓石の素材となることで有名です。エジプトのイシス神殿やピラミッドの王の間の最奥部、あるいはストーンサークルといった神聖な場には、御影石が使用されていることが多いのです。

このユーパーライトもそうですが(と話しながら、秋山氏はライト付きの小さなルーペで石を見た)、花崗岩には雲母が含まれています。雲母には邪気を跳ね返す力があるので、聖所に使うには最適です。また、古代中南米のシャーマンたちも、陶器に雲母を埋め込んだものをペンダントにして、胸のチャクラを守っていました。花崗岩と同じように、ユーパーライトにも霊的な攻撃から身を守る力があるはずです。花崗岩の場合は雲母の性質がもっと強くて、ほかのものを寄せつけない感じがしますが、ユーパーライトはややマイルド。一般の人が身近に置くには、むしろ適しているといえます」

 

ライト付きの小型ルーペでユーパーライトをのぞきこむ秋山眞人氏。
ライト付きの小型ルーペでユーパーライトをのぞきこむ秋山眞人氏。

 

石の力が倍増! 金運にも効果あり

「ユーパーライトの主成分である閃長岩には長ちょう石せきが含まれています。長石は願望を実現する力が強いとされています。このような鉱物の集合体である閃長岩にソーダライトが含まれているのですから、そのパワーは1+1=2ではなく、それ以上のものになります。

石を愛するサイキックたちは、ソーダライト自体について、調和を高め、石のパワーをグレードアップする石であり、所有者の喜びを倍増させる石でもあると認識しています。つまり、閃長岩とソーダライトの組みあわせであるユーパーライトは、毎日の生活を大いにエンジョイしながら願望を実現していく力を与えてくれるパワーストーンなのです」

多くの人が気にしている金運について、なんらかの効果はあるのだろうか?

「長石は願望実現の力を増幅するので、金運にも効果があると見ていいでしょう。ただし、条件がふたつあります。ひとつは、お金と誠実に向きあい、強い執着や嫌悪感を持たないこと。もうひとつは、よいこと、楽しいこと、自分や身近な人たちが自由に、幸せになるためにお金を得たい思うこと。これらの条件を満たす人がユーパーライトを所有すれば、この石は、引き寄せの効果を存分に発揮してくれるでしょう」

 

 

 

(ムー2019年2月号より抜粋)

文=村主みのり

  • 1

関連商品

ムー2019年2月号

ムー2019年2月号

定価:820円
発行:学研プラス
発売日:2019/01/09

この記事と同じトピックを探す

関連記事

編集部おすすめ

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  • トータル