新元号「令和」と日本の言霊呪術

文=古銀剛

ついに始まった「令和」時代

 

「新しい元号は、令和であります」

平成31年4月1日午前11時40分、ついに新元号が公表された。

すなわち、4月30日の天皇陛下の譲位をもって「平成」は終わり、翌5月1日に新天皇陛下が即位すると改元が行われ、元号が「令和」と変わることが判明した瞬間だ。

3月まで、ネット上などで「新元号は何か」をめぐって論議が盛り上がり、民間企業が行った新元号の予想アンケートでは「安久」「和平」などといった文字が上位に並んだが、予想に反した結果になったといえよう。

 

さて、政府の発表や各メディアの情報にもとづけば、新元号決定は、次のようなプロセスをたどった。

まず政府は、中国古典や国文学に詳しい複数の学識者に新元号案の作成を依頼し、非公式にその提出を受ける。その数は総計で50案以上に及んだともいわれる。その後政府側は精査を重ね、3月中旬には、若干名の元号考案者に正式に元号考案の委嘱を行い、最終的に候補は6案に絞り込まれた。

そして4月1日、有識者9名からなる「元号に関する懇談会」や衆参両院正副議長にその原案が提示されて意見聴取が行われた。その後、これらの意見聴取を踏まえて全閣僚会議で協議が行われ、安倍首相の主導で「令和」に原案が絞り込まれ、閣議で正式に新元号と決定。

閣議後ただちに天皇陛下と皇太子殿下にこの決定が伝達され、天皇陛下の親署と御璽の押印をへて改元の政令は即日公布された。

そしてこの一方で、菅官房長官が首相官邸で新元号を発表、さらに正午からは安倍首相が談話発表に臨んだのである。

 

『万葉集』(国立国会図書館蔵)。
『万葉集』(国立国会図書館蔵)。

 

 

 

248番目の元号「令和」

 

注目は新元号の典拠だが、政府発表によれば、それは、奈良時代(8世紀)に編まれた、日本現存最古の歌集であり日本文学の大古典である『万葉集』で、正確には、巻5に収められている「梅の花の歌」への序文にみえる文章、「初春の令月にして、気淑風和ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫らす」だという。

これまで、日本の元号はすべて四書五経などの中国古典を典拠としてきたが、その慣例をやぶり、史上はじめて日本古典を出典とする元号が誕生したわけである。

そして、安倍首相は4月1日当日の談話のなかで、「令和」について「人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つという意味が込められている」と解説した。「令」は命令の「令」を連想させるとして、この新元号を批判する向きもあるが、平和な文化を象徴しているということで、世論ではおおむね好意的に受け取られているようだ。

日本の元号(年号ともいう)は、大化(西暦645〜650年)から平成(1989〜2019年)までであわせて247を数える(北朝の元号16を含む)。したがって、令和は、248番目の元号ということになる。

 

 

「平成」の言霊が発動されていた平成時代

 

天皇が崩御した昭和64年(1989)1月7日の翌日からはじまったが、この新元号の出典について、政府は改元に際して次のふたつを挙げている。

「内平らかに外成る」――『史記』「五帝本紀」より

「地平らかに天成る」――『書経』「大禹謨」より

そして、この出典にもとづき、「平成」には「国の内外にも天地にも平和が達成される」という意味がこめられていると説明された。

確かにその通りなのだろう。だが、元号を言霊としてみる場合は、「平成という元号には、世の中が平和になってほしいという願いが込められていた」という単純な見方では終わらない。

言霊的な観点からすれば、「平成という元号には『世の中が平和になる』という言霊が込められている。ゆえに、平成が元号として用いられることで、平和はその時代に現実のものとなるのだ」という論理になるのである。

平成の歴史を顧みれば、昭和と違ってたしかに日本は対外的な戦争を経験せずに終わった。目を海外に向ければ、各地で紛争・戦争は絶え間なく発生したが、第2次世界大戦のような世界的な規模の戦争はなんとか起きずに終わっている。これは、あるレベルにおいて平成の言霊が呪力を発動し、「平和」というバリアがかろうじて保たれた結果といえるだろう。

そしてまた、元号が言霊であるということは、元号を時代の予言として読み解くことも可能にする。なぜなら、その元号には、言霊が現実化することによって現出される、その時代の姿が暗示されているはずだからだ。

 

20190501_rw2

 

では、はたして新元号「令和」に込められた意味とは、政府が発表した「人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ」ということに尽きるのだろうか。

そもそも、なぜ日本は元号というものをあえて使いつづけているのか。

結局、元号とは何なのか。

そして、「梅」にちなんだ新元号「令和」に隠された、驚愕の未来予言とは、さらには、元号と「日本」という国号の秘められた関係とは……。

今回の改元によって明るみに出た、瞠目の真実は、「ムー」6月号(5月9日発売)にて明らかにしよう。

 

(ムー2019年6月号より抜粋)

文=古銀剛

  • 1

関連商品

ムー2019年6月号

価格:820円
発行:学研プラス
発売日:2019/05/09

この記事と同じトピックを探す

関連記事

編集部おすすめ

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  • トータル