JFKはUFO情報を公開しようとして暗殺された!!

JFK暗殺の実行犯の名前はジェームズ・ファイルス!!

ジョン・F・ケネディ大統領を暗殺した犯人はリー・ハーヴェイ・オズワルドであるといわれている。だが、映画「JFK」でも検証されていたように、オズワルド単独犯には数々の疑惑がある。真犯人は教科書ビルからではなく、グラシノールの丘にあった塀の影から狙撃している。今は獄中にいるが、それを告白している男がある。ジェームズ・ファイルスである。

20160112  ジェームズ・ファイルス 

彼はマフィアに雇われたプロである。ファイルス自身は、何のためにJFKを狙撃したのか、その本当の理由は知らない。雇ったマフィア、その中枢にいたサム・ジアンカーナは個人的に恨みはあった。マフィアに協力したのがCIAであり、FBIである。事実上、クーデターだった。

しかし、JFKの暗殺を指示したのは、軍産複合体の奥の院にあるシークレット・ガバメントである。彼らが恐れたのはエイリアンである。JFKは、あの日、異星人の存在を公表し、移民としてアメリカ合衆国に受け入れることを宣言するはずだった。JFKが国民を熱狂させたニューフロンティア精神にもとづく政策は、エイリアンに対しても行うつもりだったのだ。

しかし、エイリアンの存在を認めることは、弱肉強食をモットーとするシークレット・ガバメントにとっては、絶対に許されない。なぜなら、もしエイリアンの存在を認めれば、社会システムが一気に変わり、自らがもつ既得権をすべて失いかねないからだ。かくして、奥の院から下された暗殺司令は政治家はもとより、CIAやFBI、そしてマフィアを巻き込んで実行された。事実上、それは暗殺というより、公開処刑だった。

 

 

  • 1

関連商品

「失われた地底人の魔法陣『ペンタゴン』の謎」

「失われた地底人の魔法陣『ペンタゴン』の謎」

飛鳥昭雄+三神たける 著

価格 本体980円+税

この記事と同じトピックを探す

関連記事

編集部おすすめ

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  • トータル