マイナンバー制度の陰謀 人々に刻まれる「獣の数字666」!

文=宇佐和通

世界につながるマイナンバー制度

「だ・か・ら、マイナンバーカード!!」――少し前、何かと話題になったバンドのヒット曲のサビにのせ、甘利経済再生大臣(当時)が新たにスタートするマイナンバー制度をアピールしたのは、2015年5月26日のことだった。

mynumber6
マイナンバーカードの見本(総務省HPより)と、旧スタイルのSSNの見本。

 

何年か前、住民基本台帳ネットワークシステム、通称・住基ネットが取りざたされたことがあるが、カードの交付率は5パーセントにとどまっている。さらに遡れば1968年、当時の佐藤内閣によって「各省庁統一個人コード連絡研究会議」が組織され、国民総背番号制の導入を目指したが、実現には至らなかった。

各省庁統一個人コードも住基ネットも、失敗の原因は「国民総背番号制」への反発があったからだ。ところが今回のマイナンバー制度は、どういうわけかすんなり実施の段取りとなったのである。

なぜか? 制度の背後に、日本のみならず、世界規模で行われている、ある大きな集団の「思惑」が存在するからだ。

マイナンバー制度のお手本は、アメリカのソーシャル・セキュリティ・ナンバー(SSN)制度だ。アメリカ国民ひとりひとりに9桁の数字があてがわれている。SSNは1936年、社会保障プログラムの一部として発行され、今では銀行口座の開設やクレジットカードの申し込み、公的書類の申請などに不可欠なものとなっている。

ところが最近になって、このSSNに疑念をあらわにする人々が増えてきた。彼らによれば、ソーシャル・セキュリティ・ナンバーは、国際規模の「獣の刻印」になるというのだ。

 

国勢調査は「悪魔のささやき」

「獣の刻印」――いうまでもなく、悪魔の数字666を意味する。彼らは、政府が番号によって国民の動向を知るという行為を、『聖書』に記された「ダビデの罪」に基づいて批判している。ダビデの罪――それは、現代でいう国勢調査である。

mynumber1

「サタンがイスラエルに対して立ち、イスラエルの人口を数えるようダビデを誘った。ダビデはヨアブと民の将軍たちに命じた。『出かけて行って、ベエル・シェバからダンに及ぶイスラエル人の数を数え、その結果をわたしに報告せよ。その数を知りたい』」(「歴代誌上」第21章1~2節)

 

「神はこのことを悪と見なされ、イスラエルを撃たれた。ダビデは神に言った。『わたしはこのようなことを行って重い罪を犯しました。どうか僕(しもべ)の悪をお見逃しください。大変愚かなことをしました』」(「同書」第21章7~8節)

さらに、『新約聖書』には、次のような記述がある。

「そのころ、皇帝アウグストゥスから全領土の住民に、登録せよとの勅令が出た。これは、キリニウスがシリア州の総督で会った時に行われた最初の住民登録である。人々は皆、登録するためにおのおの自分の町へ旅立った。ヨセフもダビデの家に属し、その血筋であったので、ガラリヤの町ナザレから、ユダヤのベツレヘムというダビデの町へ上って行った。身ごもっていた、いいなずけのマリアと一緒に登録するためである」(「ルカによる福音書」第2章1~5節)

悪魔にそそのかされたダビデによって行われたイスラエルの国勢調査の目的は、税の徴収だった。つまり、基本的アイデアとしては、現代の国民総背番号制度とまったく同じなのだ。

 

刻印なき者は経済活動もできない

続けて、「ヨハネの黙示録」を見てみよう。

「また、小さき者にも、大いなる者にも、富める者にも、貧しき者にも、自由人にも、奴隷にも、すべての人々に、その右の手あるいは額に刻印を押させ、この刻印のない者はみな、ものを買うことも売ることもできないようにした。この刻印は、その獣の名、または、その名の数字のことである」(「ヨハネ黙示録」第13章16~17節)

ここでは、その「刻印」がない者は、「ものを買うことも売ることもできないようにした」とまで書かれている。これこそ、国民の経済まですべてを把握する「悪魔の数字」――国民総背番号制のことではないのか。

mynumber3

事実、クリスチャン・ブロードキャスティング・ネットワークの会長で、1988年の共和党大統領候補指名者選挙にも出馬したパット・ロバートソンは、著書『New World Order』(1991年刊)のなかで「反キリスト者のテクノロジーがすでに存在する現状のなか、小切手も現金も必要としない社会では、富める者たちを管理するだけでなく、いかなる階級に属するいかなる個人が築いた富を凍結することも可能である」と述べている。25年前に書かれた本の主張がに現実のものとなりつつあるのだ。

 

スマートフォンに仕込まれた巧妙な罠

現在、スマートフォンのほぼすべての機種に位置情報機能が搭載されている。さらに、位置情報を含めて、世界中に存在する携帯端末のすべての情報が、基地局を通じて衛星経由でひとつのデータにまとめられているであろうことは容易に想像できる。お財布ケータイ、インターネットバンキングの利用記録などを通じて、個人の詳細な経済状態までわかってしまう。究極の個人情報といえる個人の指紋も含めて。

つまり――スマホとマイナンバー制度を組みあわせれば、それだけでほぼすべての人間の、生活のあらゆる部分を掌握し、管理することができてしまうのである。そんなシステムが、いつの間にか当たり前のように存在しているのだ。

ID番号の適用拡大が、国連やECなどの国際機関によって推進されているというのはすでに常識だ。マイナンバー制度という外堀はおろか、すでに個人情報の内堀までも埋められているのである。

では、はたして。膨大な個人情報の集合体、ビッグデータを管理しようとする意志と、人智を超えた知能を有する存在とは? それはまさしく、『聖書』で予言された悪魔と呼びうるものかもしれない。

 

(ムー2016年9月号総力特集より抜粋)

文=宇佐和通

  • 1

関連商品

ムー2016年9月号

ムー2016年9月号

価格:870円
発売日:2016/08/09

この記事と同じトピックを探す

関連記事

編集部おすすめ

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  • トータル