僕のアパートで友人らが次々と……声優・斉藤壮馬の不思議体験

文=いわたみどり

ハァハァする霊体験!?

コミカルなキャラクターから熱血系まで巧みにこなす声優の斉藤壮馬さん。タブレットには『ムー』の電子版がダウンロードされているほど「ムー」好きの斉藤さんに、友人らの話を交え霊体験を語っていただいた。

saitousouma1

 

訪問する級友を襲う怪異現象

大学進学と同時に上京し、最初に住んだ部屋はロフトのついたちょっと小洒落たアパートでした。僕はすごく気に入っていたんですが、なぜか大学の級友たちには不評。それというのも、彼らはこの部屋で奇妙な出来事にしばしば遭遇していたからなんです。

ロフトの隅に黒い気が溜まっていたとか、人の顔が覗いていたとか、女が立っていたとか、手を洗おうと水道の蛇口をひねった途端にいきなり大勢の笑い声が響いた……等々、それこそ枚挙にいとまがないほどです。

しかも10人ほどの友人が、それぞれまったく違う体験をしているんです。「女の霊が……」といったような共通した登場人物もいません。霊感が強いわけでもなく、それまで霊的な話をしたこともない彼らが、突然、「実はさ……」と、僕の部屋で見たり聞いたりしたものについて話しだすんですよ。

あるときうちに泊まった先輩が、こんな風に聞いてきました。

「昨夜、だれか呼んでた?」

「先輩だけでだれも呼んでませんけど」

そして例によって「実はさ……」と話しはじめるわけです。

深夜3時くらいに玄関のチャイムを執拗に鳴らし、ドアノブを異常なほど激しくガチャガチャまわしてる音で目が覚めた。うるさいので出ようとしたら唐突にその音が止んで、人の気配らしものもふっと消えて……騒がしさも消え方も、何かのドッキリかと思ったくらいに不自然だった、というんです。

でも実際にワンルームのアパートでそんなことをされたら、さすがに僕だって起きるはずです。気がつかないなんてあり得ない。

こんな調子で他人がいろんな体験をしているのに、住民の僕だけはまったく何も感じない。このアパートで一番怖かった体験は、干してたパンツを盗まれたくらいでしょうかね(笑)。

 

うねうねと近づいてくる長い黒髪

実は僕が住んでいたのは、心霊スポットで有名な公園に囲まれる形で作られた住宅地でした。

公園は戦前から戦中にかけて旧日本軍の軍医学校の施設があった場所で、捕虜の人体実験をしていたという噂もまことしやかにささやかれていました。実際に敷地から人骨がたくさん出たという騒ぎも起きています。

そんな土地柄の影響もあるのか、僕のアパート以外でもいろいろ奇妙なことが起こってましたね。

近所に住む先輩の家に行ったときに、その家の天井が全体的に煤のようなもので薄汚れていました。「タバコのヤニですか?」と、尋ねると、驚くべき話を聞かされたんです。何と合宿で数日間部屋を空けて帰ってきたら、天井一面に無数の黒い手形がついていたというんです。子供らしき小さな手形……。そのときの写真を見せてもらいましたが、本当に天井一面に小さな手形がびっしり! 思わずゾッとしました。

とにかくそういう土地柄だったんですが、僕は霊的なことにすごく鈍感だったのでよかったかなと……。

あっ、でもこのアパート時代に初めて金縛りを体験しました。金縛りなんて霊体験だなんていえないじゃないですか……あれ? いえないですよね? いえないっていってください!

いきなり体が動けなくなって息苦しくなり、目だけが動かせる状態。これが金縛りというものなんだなぁと、妙に冷静でした。そのうち、“ハァハァハァ……”という荒い息が聞こえてきました。そして、たくさんの黒い糸が無気味にうねうねと波打っているのを視線の端で捕らえたんです。ところがよく見ると、糸だと思っていたものが実は長い黒髪だったんです。

それ自体が意思を持った生き物のように、徐々に僕の顔に近づいてきます。しかも髪の毛の正体が、“ハァハァ”と激しい息使いをしている女であることも見えてきました。

当時、僕は体外離脱に興味を持っていて、そのころ読んでいた本に、金縛りで体が動けないときに魂だけを勢いで起こすと体外離脱をしやすい、と書いてあったことを思いだしました。

女の存在は怖かったんですが、同時にこれはチャンスなのかもしれないと思い、試してみたんです。結果、体外離脱はできませんでしたが、その勢いで金縛りを解くことができました。

その後もこの部屋では髪の長い女性のイメージがついてまわる音や、映像のある金縛りによく遭いましたね。でもあくまでもこれは幻覚と幻聴ですから、僕としては心霊体験としては認めてないんですけど……というか違うといってください!

 

saitousouma2

斉藤壮馬(さいとうそうま)

4月22日、山梨県生まれ。2008年、『第2回81オーディション』優秀賞受賞、2015年、『第9回声優アワード新人男優賞』受賞。2014年の『ハイキュー!!』にて山口忠役を務め、注目を集める。同年夏に放送された『残響のテロル』のツエルブ(久見冬二)役、『アカメが斬る!』のタツミ役で主役を果たす。以降、出演作が急増中の若手声優の注目株。

 

(「ムー」2017年1月号より)

文=いわたみどり

  • 1

関連商品

ムー
2017年1月号

ムー
2017年1月号

価格:870円
発行:学研プラス
発売日:2016/12/09

この記事と同じトピックを探す

関連記事

編集部おすすめ

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  • トータル