オカルト短歌 第3回 「タイムトラベル」

講評=笹公人

時をかけて、君の名を知る。

<優秀作品>

「スカイツリー 予言」の記事を切り取って歌川国芳問い詰めに行く      【真水】

 

<佳作>

なによりも身なり気にする時の旅グラサン・スマホダメよ絶対  【アダムスキー型】

 UFOの丸窓に顔近づけて真実を知る龍馬暗殺           【ネズミオトコ】

 屋上のパンダに「過去へ行く」というコイン投入口を発見       【価格未定】

 祖母はアルツハイマー・タイム・トラベラー家族みんなを過去へいざなう【異能兄弟】

 ラベンダー育てる父の脳内で時をかけるは知世ちゃんのみ       【ひざそほ】

 

真水さんの作品。国芳の浮世絵「東都三ッ股の図」にスカイツリーらしきものが描かれているということで、一時期話題となりました。

国芳はタイムトラベラーだったのでしょうか? 頭をかきながら「実は……」と白状したらおもしろいですね。

ネズミオトコさんの作品。UFO=タイムマシン説をとっています。龍馬暗殺や本能寺の変など謎の多い歴史上の事件を生で見られるかと思うと興奮しますね。

アダムスキー型さんの作品。昔の白黒写真にサングラスをかけた男や携帯電話らしきものを使う女性が映った写真が見つかり、

未来人ではないか? と騒がれました。それ以降、タイムマシンに乗る際のルールが強化されたのかもしれません。

逆に平野ノラさんみたいな過去から来た人は見分けづらいですね。

価格未定さんの作品。デパートの屋上によくあるパンダの乗り物。年代を選べそうにないところを含めて無気味極まりないです。

異能兄弟さんの作品。アルツハイマー病患者は、過去と現在の区別がつかなくなることが多いです。たしかにある種のタイムトラベルとも言えそうですね。

ひざそほさんの作品。深く共感しました。おじさん世代のタイムトラベル映画といえば、やはり大林宣彦監督、原田知世さん主演の「時をかける少女」

で決まりでしょう。「君の名は。」世代のキミも絶対に観るように!!

 

次回5月号掲載のお題は「夢」。密かな願望、ほのかな願い、無意識の世界、おぼろげな想像の世界まで、脳裏に浮かんだ夢で思うままに一首! 締め切りは3月5日(土)必着です

 

応募方法は下記にて。

ウェブ:「ムーPLUS」投稿フォームのカテゴリ「その他」を選び、本文冒頭に「オカルト短歌」と記載して、投稿してください。

郵送:〒141-8691 東京都大崎郵便局私書箱67号 学研「ムー」編集部 オカルト短歌 係

 

  • 投稿には、住所・氏名・年齢を明記してください。封書の場合は封筒と便箋の両方に記載してください。
  • 1回の投稿で複数首を投稿してもOKです。
  • 原稿は返却しませんので、コピーや複写を必ず取ってください。
  • ご投稿いただいた内容は「ムー」本誌の紙版、電子版のほか、「ムーPLUS」に掲載されることがあります。

 

笹師範をうらなせる名作、怪作をお待ちしております!

 

sasaprof

選者 笹 公人(ささ きみひと)

「未来」選者。現代歌人協会理事。歌集『念力家族』(NHKで連続ドラマ化)、『念力図鑑』、『抒情の奇妙な冒険』、編著『王仁三郎歌集』などがある。

 

(「ムー」2017年3月号より転載)

 

講評=笹公人

  • 1

関連商品

ムー
2017年3月号

ムー
2017年3月号

本体価格:800円
発行:学研プラス
発売日:2017/02/09

この記事と同じトピックを探す

関連記事

編集部おすすめ

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  • トータル