オカルト短歌 第4回 「妖怪」

講評=笹公人

女心は不滅なのです。

<優秀作品>

VRゲームにうかれろくろ首いつのまにやら蝶むすび      【笛地静恵】

 

<佳作>

ばあちゃんの形見の本にメモがある「座敷童子はグラタンが好き」  【葛紗】

姿見の前にだらりと掛けられた一反木綿の尻尾たなびく       【鶏尾ねじ】

国境にぽつんと一人佇めるぬりかべの目にメキシコの町       【異能兄弟】

小田急は終日ダイヤ乱れおりデイダラボッチの線路塞ぎて      【中山一朗】

体型で妖怪呼ばわりしないでよ私古参の地縛霊です         【小川けいと】

 

笛地さんの歌。VRゲームに夢中になったろくろ首が上下左右に首を動かしていたら、いつのまにか首が蝶むすびになってしまっていたというオチです。定番の妖怪ギャグにVRという最先端のものを組み合わせたところが手柄です。妖怪のキュートな面を引き出しています。

葛紗さんの歌。ばあちゃんは、座敷童子の食事の面倒を見てあげていたのでしょう。単なるメモですが、「あとは頼んだ」という遺言にも思えてきます。座敷童子のその後も気になります。

鶏尾さんの歌。姿見と一反木綿の取り合わせが絶妙でした。姿見の前に座る女性は、それが妖怪だと気づいているのでしょうか。そのあたりも謎めいていてよかったです。

異能兄弟さんの歌。時事問題を妖怪にからめた意欲作です。妖怪まで利用するところにトランプ大統領らしさが出ています。

中山さんの歌。デイダラボッチとは、日本の各地で伝承される巨人。山や沼を作ったという伝説を聞きますが、線路を塞ぐのはやめてほしいですね。あぐらでもかいているのでしょうか。相模原市のデイダラボッチ伝説も有名なので、小田急にも説得力がありました。

小川さんの歌。たしかに太っている霊は妖怪っぽく見えますよね。なぜ霊が怖がられ、妖怪が親しまれるのか、このあたりに秘密が隠されていそうです。そして、地縛霊になっても女心は不滅なのです。

 

次回、6月号掲載のお題は「。 夜空の輝きからカリスマタレントまで、憧れの存在への思いのたけを! 締め切りは4月5日(水)必着です

 

応募方法は下記にて。

ウェブ:「ムーPLUS」投稿フォームのカテゴリ「その他」を選び、本文冒頭に「オカルト短歌」と記載して、投稿してください。

郵送:〒141-8691 東京都大崎郵便局私書箱67号 学研「ムー」編集部 オカルト短歌 係

 

  • 投稿には、住所・氏名・年齢を明記してください。封書の場合は封筒と便箋の両方に記載してください。
  • 1回の投稿で複数首を投稿してもOKです。
  • 原稿は返却しませんので、コピーや複写を必ず取ってください。
  • ご投稿いただいた内容は「ムー」本誌の紙版、電子版のほか、「ムーPLUS」に掲載されることがあります。

 

笹師範をうらなせる名作、怪作をお待ちしております!

 

sasaprof

選者 笹 公人(ささ きみひと)

「未来」選者。現代歌人協会理事。歌集『念力家族』(NHKで連続ドラマ化)、『念力図鑑』、『抒情の奇妙な冒険』、編著『王仁三郎歌集』などがある。

 

(「ムー」2017年4月号より転載)

 

講評=笹公人

  • 1

関連商品

ムー
2017年4月号

ムー
2017年4月号

本体価格:800円
発行:学研プラス
発売日:2017/03/09

この記事と同じトピックを探す

関連記事

編集部おすすめ

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  • トータル