オカルト短歌 第8回 「祭」

講評=笹公人

祭って祭られ お祭り騒ぎ! オカルト短歌

 

<優秀作品>

ひっぱられアブダクションかと思いきや異星の祭で掬われており      【戸田響子】

 

<佳作>

今日もまたゾンビ映畫で鍛へてゐる眞面目過ぎるよDJポリス          【酒井景二朗】

ヨーヨーを念力で割る元彼の気配がしたり濡れた砂利道          【雪村潤子】

縋り付く彼女の腕の冷たさに くらやみ祭ぞっとする夜            【浮世離れ】

わた飴のあまい香りに誘われて祭りの夜は霊もひしめく         【鈴木麦太朗】

本当のお祭り野郎は祭りの日ではない日々に法被着るから               【小坂井大輔】

 

 

戸田響子さんの作品。数年前、夏の屋台に「ハムスター釣り」なる露店が登場して、非難が殺到しましたが、この巨人型の宇宙人が暮らす異星でも「人間釣りは虐待か?」と物議をかもしているかもしれません。掬われたあと、ちゃんといい暮らしをさせてくれるといいのですが……。

 

酒井景二朗さんの作品。話題のDJポリスが、ハロウィンの夜の渋谷駅前への出動に備えて、ゾンビ映画を見ながらDJの練習しているという内容です。たしかにやってそうです。その姿を想像すると、思わずにやけちゃいますね。
雪村潤子さんの作品。ずいぶんと個性的な元彼ですね。念力でヨーヨーを割るというのは新しいかも。ぜひ清田益章さんあたりにやって頂きたいです。気配がしたということは、数秒前までそこにいたのか、あるいはそのへんに隠れているのかもしれません。何をしたいのかわからない元彼の無気味さが際立っています。

 

浮世離れさんの作品。「くらやみ祭」には、生者も死者も妖怪も参加しているのでしょう。彼女と思った腕の正体はいったい……?

 

鈴木麦太朗さんの作品。霊の好物は甘いものだと聞いたことがあります。霊がわた飴の香りに誘われてやってくるというのは新説です。

 

小坂井大輔さんの作品。説得力がありました。長年続けていれば、地元の名物オヤジになれるでしょう。

 

 

 

次回、10月号掲載のお題は「ただのフェイクか隠蔽か? 疑いあるとことにむしろ真実は眠っています!

 

締め切りは8月7日(月)必着です。

 

応募方法は下記にて。

ウェブ:「ムーPLUS」投稿フォームのカテゴリ「その他」を選び、本文冒頭に「オカルト短歌」と記載して、投稿してください。

郵送:〒141-8691 東京都大崎郵便局私書箱67号 学研「ムー」編集部 オカルト短歌 係

 

  • 投稿には、住所・氏名・年齢を明記してください。封書の場合は封筒と便箋の両方 に記載してください。
  • 1回の投稿で複数首を投稿してもOKです。
  • 原稿は返却しませんので、コピーや複写を必ず取ってください。
  • ご投稿いただいた内容は「ムー」本誌の紙版、電子版のほか、「ムーPLUS」に掲載されることがあります。

 

笹師範をうらなせる名作、怪作をお待ちしております!

 

sasaprof

選者 笹 公人(ささ きみひと)

「未来」選者。現代歌人協会理事。歌集『念力家族』(NHKで連続ドラマ化)、『念力図鑑』、『抒情の奇妙な冒険』、編著『王仁三郎歌集』などがある。

 

(「ムー」2017年8月号より転載)

講評=笹公人

  • 1

関連商品

ムー
2017年7月号

ムー
2017年7月号

定価:800円
発行:学研プラス
発売日:2017/06/09

この記事と同じトピックを探す

関連記事

編集部おすすめ

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  • トータル