伏見稲荷大社にある不思議な空間/読者投稿

お参りしてから、亡き父母が夢に……

投稿者:ゆきえバーバ さん/不思議な人や場所の紹介

20171206

初めて投稿させて頂きます。50代女性です。京都の伏見稲荷神社での出来事です。

伏見神社の裏に不動明王様が居られるのを御存じでしょうか? 実は私も最近知ったのですが……。

 

私の実家はお稲荷さんの氏子でした。そのご縁もあり、実家から独立した後もお稲荷さんには年に数回お参りしておりました。そしてお参りの際にはいつもお狸様にもお参りしておりました。お狸様とは、千本鳥居を抜けた所にある奥の院から下に向かう階段を下りた左手にあります。狐様ではなくお狸様がお祀りされた小さな祠です。亡き父が幼い私たち姉妹をつれてよくここにお参りしておりました。

大人になった今でも忘れられず、私を含め他の姉妹もよく行くのです。

今年も何度か行っていたのですが、姉に「金運上昇の祠がお狸様の向かいに不動明王様がいるから行ってみては……」といわれました。

 

何十年もお参りしてるのにそんな所があるなんて知りませんでした。そこは道が荒れていて草や倒木まであり、少し不安になりながらでしたが、道を進むと一気に視界が広がりました。

お祀りしてある鏡が日光に反射しそこだけ神々しい光を放っていました。

異次元空間に迷い込んだ感覚になったのを覚えています。神々しい風景ですが、しかしよく見ると荒れた感じではありました。

 

そして足を進めると小さな小屋がありそこに不動明王様がお祀りされておりました。その明王様がまた凄く怖いのです。傍にもう一体の神様がおられたのですが、その神様(石像だったと思うのですが)の眼は生きて居られる(ような)眼でした。明王様もしかりです。凄い迫力で怖くなりましたが、頑張ってろうそくとお線香を供え護摩も奉納しお参りしました。

 

手を合わせ不動明王様を拝見すると、とても静かな気持ちになってそこを離れるのが惜しくなり、長く居座っていました。すると突然カラスが凄い大きな鳴き声でその小屋を旋回しだしたのです。ヤバイと感じた私はその場を去りました。

 

凄い霊力を感じながら無事帰宅しましたが、翌日酷い咽疼痛と微熱に悩まされました。そのときはただの風邪だと思いました。

 

それから3か月後に又お稲荷さんに参拝した折に、不動明王様もお参りしたのですが相変わらず何となく無気味で……。それでもお参りしたあと、好奇心旺盛な私は周りの祠などを見て歩きました。前回気づかなかったのですが、小さな洞窟のような道が有るのを見つけ、ちょっと中がどうなっているのか見てみようと思い、足を踏み入れました。

 

そのとき、またカラスが凄い剣幕で泣き騒ぎ、私の頭の上をばさばさ通りすぎました。これは又ヤバイと思い退散したのですが、何だったのでしょう……。

 

そしてやはり翌日酷い咽疼痛と微熱で苦しみました。行ってはいけない空間だったのでしょうか。その後は怖くて行っておりません。お稲荷様やお狸様にも怖くて参れず、困っています。どういう所なのかどういう由来で祀られているのか知りたい気持ちもあります。

 

もうひとつ不思議なことが有ります。

 

その不動明王様にお参りした一回目と二回目の間に亡き父と母が毎日のように夢に出てきました。夢の中で普通に一緒に生活しているのです。ある日の夢で母が仏壇の水がどうのこうの、といったのが気になり、親族のお墓参りをしたのですが、それでも毎日出てくるので姉妹に話したところ、母の実家のお墓参り(少し遠いですが)に行ってみようということになりました。行くとお墓は荒れ放題でした。近くに住む母の妹に聞くと、足が不自由になってお墓参り出来ず、10年程放ったらかしだったようです。

 

本当に行って良かったです。この後は母も父も夢に出てくることは無くなりました。不動明王様をお参りして霊気が上がってしまったのでしょうか?

無気味な感覚は、気にかかっていたお墓への想いがわきあがってきたからかも? いいきっかけになりましたね!

  • 1

この記事と同じトピックを探す

関連記事

編集部おすすめ

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  • トータル