オカルト短歌 第13回 「噂」

講評=笹公人

「ムープラス」に移動してから初の入選作品発表です!

 

<笹師範の「噂」作品>

ハンドルカバーつけて自転車走らせる辻斬りの噂たつ宵なれば   【笹 公人】

 

<優秀作品>

捨てられた卒塔婆で建てたログハウス夏でもかなり涼しいらしい   【酒井景二朗】

 

<佳作>

唄うれば黄泉路逝くらし八十が詩の童悲しや歌われもせず   【雪藤風二】

噂すら75日で忘れ去る事故物件もすぐに忘れ去る    【鈴鳴うた猫】

噂とは尾ヒレが付いて広がるもの魚屋さんは噂の宝庫    【山本順一】

ネットには載ってなくても男子みな知る川縁のエロ本置き場    【価格未定】

意地悪を私にした人皆死ぬと噂を流す弱腰教師   【あてんぼろ】

 

 

酒井景二朗さんの作品。
んなもんで建てるな!! エコにもほどがあるだろッ!
縁起の悪い、嫌なログハウスです。柱の端には「居士」などの筆文字が残っていたりするのでしょうか。しかしログハウスは、なぜあんなにホラー映画が似合うのでしょう?

 

雪藤風二さんの作品。
西条八十が26歳の時に書いた詩「トミノの地獄」には都市伝説があります。この詩を声に出して読むと呪われるというのです。西条八十先生は、「ぼくの帽子」が小説&映画「人間の証明」で使われたり、いろいろ持ってる詩人ですね。
ちなみに、「青い山脈」や「蘇州夜曲」の作詞をしたのもこの人です。

 

鈴鳴うた猫さんの作品。
人の噂も七十五日と言います。ワイドショーなどを見ていても、この日数には信憑性があります。ましてや、数年前に事件が起きた事故物件など、関係者や近所の人以外は、知る由もないでしょう。
事故物件の検索サイトがあるようですが、僕には検索できません。夜の散歩も怖くなっちゃいそうで……。

 

山本順一さんの作品。
座布団一枚系の作品。僕はこういう短歌を「笑点歌」(しょうてんか)と呼んでいます。

 

価格未定さんの作品。
昭和の思春期の少年たちのエロ本ネットワークには、目を見張るものがありました。
雑木林や川縁によくエロ本が落ちていました。こっそり拾いに行ったら、同級生に出くわしたなんてエピソードもよくありました。昭和回顧の歌ともいえるでしょう。

 

あてんぼろさんの作品。
ガラの悪い学校の先生であれば、そういった防衛も必要なのかもしれません。
わざと拳に包帯を巻いて、空手の有段者に見せかけて、その裏技がバレて生徒にいじめられたという先生もいたようですが……。
「弱腰」と書かずとも弱腰だとわかるので、他の言葉を入れてみましょう。

 

 

 

次回のお題は「犬」。

犬神、人面犬、戌年、権力のイヌなどなど、自由に一首!! 締め切りは2018年1月4日(木)必着です。

 

応募方法は下記ウェブから。

ウェブ:「ムーPLUS」投稿フォームのカテゴリ「その他」を選び、本文冒頭に「オカルト短歌」と記載して、投稿してください。

 

  • 1回の投稿で複数首を投稿してもOKです。
  • ご投稿いただいた内容は「ムー」本誌の紙版、電子版のほか、「ムーPLUS」に掲載されることがあります。

 

笹師範をうらなせる名作、怪作をお待ちしております!

 

sasaprof

選者 笹 公人(ささ きみひと)

「未来」選者。現代歌人協会理事。歌集『念力家族』(NHKで連続ドラマ化)、『念力図鑑』、『抒情の奇妙な冒険』、編著『王仁三郎歌集』などがある。

講評=笹公人

  • 1

関連商品

ムー
2017年12月号

ムー
2017年12月号

定価:800円
発行:学研プラス
発売日:2017/11/09

この記事と同じトピックを探す

関連記事

編集部おすすめ

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  • トータル