オカルト短歌 第14回 「地獄」

講評=笹公人

あけましておめでとうございます!今年最初の短歌です。

 

<笹師範の「地獄」作品>

東進ハイスクール講師陣のキャラ濃かりけり地獄のディズニーランドのごとく   【笹 公人】   『念力ろまん』より

 

<優秀作品>

年々と地獄行きの人間が増え「多忙でもう地獄です」と鬼は  【市松藻ヨウ】

 

<佳作>

父さんだ地獄の罰は辛いから百万円を振り込んでくれ  【柳原栄三】

どこにでもある地獄としてぬばたまの壁のメニューの激辛ラーメン  【小林礼歩】

いま俺を助けておけば極楽に行けるはずだと獄卒に説く  【月餅屋】

地獄とはのべつくまなく鬼たちがかまってくれて眠れぬらしい  【久保哲也】

ドローンで地獄を空撮してみればやや楽しそうなところも映る  【戸田響子】

 

 

市松藻ヨウさんの作品。
とんちの効いた作品。なるほど、地獄もブラック企業なんですね。
地獄絵図を見たら、たしかにそんな気も。
めちゃくちゃ忙しい厨房のイメージ。金棒とかも重そうだし。

 

柳原栄三さんの作品。
地獄からの亡父からの電話。こんな再会は嫌ですねぇ……。
やっぱり地獄の沙汰も金次第?
しかし、どこに振り込めばいいのやら。

 

小林礼歩さんの作品。
激辛ラーメンの唐辛子色のスープは、血の池地獄を思わせます。
中本の蒙古タンメンも地獄絵度が高いです。

 

月餅屋さんの作品。
果たして極卒が極楽に行きたがっているのかどうかはわかりませんが、
最後の賭けでしょうね。

 

久保哲也さんの作品。
眠れないだけでも地獄なのに、その上にあの阿鼻叫喚ですからね。
犯罪抑止に効果があったわけです。

 

戸田響子さんの作品。
たしかに上空から見たら、テーマパークっぽいですもんね。
マゾの人にはたまらないエリアもあるかも。

 

 

 

 

次回の募集お題は「宇宙」!
空の向こうや隣の次元、内なるコスモへの思いを短歌で燃やしてください!
締め切りは1月31日(水)必着です

 

 

応募方法は下記ウェブから。

ウェブ:「ムーPLUS」投稿フォームのカテゴリ「その他」を選び、本文冒頭に「オカルト短歌」と記載して、投稿してください。

 

  • 1回の投稿で複数首を投稿してもOKです。
  • ご投稿いただいた内容は「ムー」本誌の紙版、電子版のほか、「ムーPLUS」に掲載されることがあります。

 

笹師範をうらなせる名作、怪作をお待ちしております!

 

sasaprof

選者 笹 公人(ささ きみひと)

「未来」選者。現代歌人協会理事。歌集『念力家族』(NHKで連続ドラマ化)、『念力図鑑』、『抒情の奇妙な冒険』、編著『王仁三郎歌集』などがある。

講評=笹公人

  • 1

関連商品

ムー
2018年2月号

ムー
2018年2月号

定価:800円
発行:学研プラス
発売日:2018/01/09

この記事と同じトピックを探す

関連記事

編集部おすすめ

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  • トータル