オカルト短歌 第20回 「ツチノコ」

講評=笹公人

私の警戒心はツチノコ並みです。

 

<笹師範の「ツチノコ」作品>

ツチノコを逃したマサル血まみれの思い出はるか夏のふるさと
ツチノコをジープで轢いた米兵にまだらの痣が浮かぶ夜更けぞ
                               【笹 公人】

 

 

<優秀作品>

UFOに吸い上げられている最中 下にツチノコ見つけるなんて    【ゴウヒデキ】

 

<佳作>

つかまってたまるものかとサッポロのビンに擬態し息をひそめる   【川村清之介】

「疲れ目にちょうど良いんだ」つちのこを冷やして瞼にのせる山姥【クッキングブス】

稀少ゆえ追われると悟り炎天のツチノコ一族万の行軍        【市松藻ヨウ】

それらしい影を見たけど目の前の麒麟が邪魔で見失ったよ   【他人が見た夢の話】

特別に不思議なものとも思わずに群馬の農夫はつちのこを狩る    【稲村ぬぐみ】

 

 

●ゴウヒデキさんの作品。

未確認界の最強コンボが出ました!!
上と下、どっちに驚いたらいいのやら……。
神様のいたずらにもほどがあります。
吸い上げられながらも、ぜひ上空と足元の両方をスマホで撮影してほしいですね。
ほかの人が外から撮って「UFO」「吸い上げられる人」「ツチノコ」の3点を画像に収めたら、ピューリッツァー賞は間違いないでしょう。
作者は、テレビ「旅ずきんちゃん」、ラジオ「JUNKサタデー エレ片のコント太郎」
の構成作家としておなじみのゴウヒデキさんです。

 

●川村清之介さんの作品。

ツチノコにはそんな能力もあったのですね!
だから見つけられないのか……。
サッポロビールのビンを選んだのは、おそらくシールが黒いからでしょう。
そのあたりの表現の細やかさも秀逸でした。

 

●クッキングブスさんの作品。

山姥が味わい深いです。
たしかにツチノコを冷たいアイマスク代わりにできるのは、山姥くらいのものでしょう。
マイノリティ同士で仲良くやっている、あたたかい光景だと思います。

 

●市松藻ヨウさんの作品。

ついに業を煮やして、人類との戦いの道を選んだツチノコ一族。
ツチノコ軍は、バーフバリみたいな勇者が指揮しているのでしょうか。
ちょっと見てみたいかも。

 

●他人が見た夢の話さんの作品。

こちらも最強コンボ。
ツチノコより麒麟のほうが凄いような気も。
しかしそこはUMAの楽園ですか……?

 

●稲村ぬぐみさんの作品。

「群馬の農婦」が効いてます。
しかし、ツチノコを何で狩っているのでしょうか。
猟銃…? 弓矢…?
群馬県は、知る人ぞ知るツチノコ出没スポットです。
群馬は、古墳がたくさんあったり、ニホンオオカミ生存の噂もあったりで、
まだまだ謎が多いです……。

 

 

次回の募集お題は「遺跡」。

ふと見かけた石組に古代に栄えた文明を思ったり……
家の中や心にも、半分土に埋まったような何があるものです。

締め切りは7月31日(火)必着です

 

 

応募方法は下記ウェブから。

ウェブ:「ムーPLUS」投稿フォームのカテゴリ「その他」を選び、本文冒頭に「オカルト短歌」と記載して、投稿してください。

 

  • 1回の投稿で複数首を投稿してもOKです。
  • ご投稿いただいた内容は「ムー」本誌の紙版、電子版のほか、「ムーPLUS」に 掲載されることがあります。

 

笹師範をうらなせる名作、怪作をお待ちしております!

 

sasaprof

選者 笹 公人(ささ きみひと)

「未来」選者。現代歌人協会理事。歌集『念力家族』(NHKで連続ドラマ化)、『念力図鑑』、『抒情の奇妙な冒険』、編著『王仁三郎歌集』などがある。

講評=笹公人

  • 1

関連商品

ムー
2018年7月号

ムー
2018年7月号

定価:820円
発行:学研プラス
発売日:2018/6/09

この記事と同じトピックを探す

関連記事

編集部おすすめ

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  • トータル