月面クリスタル都市の記憶/読者投稿

オレンジ色の宇宙人に導かれ……

投稿者:路朗 さん/UFO・未確認生物の目撃や遭遇

 

月のクリスタル都市遺跡とされる画像。
月のクリスタル都市遺跡とされる画像。

今 、私は52歳になるのですが、施工の仕事をしながら絵描きをやってます。

それで今「月の妊婦」という画の製作中なのですが、先程ネットで資料として「月 遺跡 表面」などの画像を検索して見ていて「月に都市が築かれている」という記事を見て動揺の為、今も動悸気味になっています。

 

それは月のクリスタル都市の写真を見たからです。

僕が多分小学低学年のころです。夜の8時ごろいつもひとりで寝かされていました。

布団の中で天井を見ながらいろいろなことを想像なんかしてました。

磨りガラスでカーテンは無かったと思います。頭の上の磨りガラス窓の外が白い光で、なんともいえない不思議な光が窓の外に見え、その光を僕は見惚れるように見てました。

 

気がつくと僕はすでにUFOの中に立っています。

すぐ横には異星人が立っています。

オレンジ色の痩せ型の異星人です。背が高くイメージとしては昆虫もしくは海老のような感じです(後からネットなどでそれに近い異星人は見つけていませんが……)。

異星人が隣にいますが、それは味わったことがないような親近感・安心感で包まれています。その感じは、いまだにそのとき以上のものはないかもしれません。不思議な安心感です。怖いなんてまったく思いませんでした。

 

ふたりで、UFOの丸い窓から美しい地球を何も話さず見ていました。

地球がどんどん小さくなっていきます。地球が見えなくなる程になるころ、頭の中で一瞬「地球に帰れなくなったら……」と不安が胸に飛び込んで来ました……。

 

ふと、誘導されて反対側の窓を見ると、月が見えます。

月はどんどん大きくなって近づいてきます。クレーターも見えます。

初めは月の背景も見えていましたが、いつのまにかもう月面しか見えない程で「ぶつかるっ」っと思った瞬間、これも丸いのですが、トンネルの中に入って行きました。

無音です。

スーっとUFOはトンネルを真っ直ぐに進むのですが、トンネルが終わり一瞬明るくなり「地下帝国」のような「クリスタル都市」が視界の斜め下、眼前に広がりました。光輝いていて城のような建造物で、その周りには丸いトンネルが張り巡り、その中には光の移動物、もしくは乗り物が見えました。

 

後の記憶は残念ながらありません、朝自分の部屋の布団の中で目が覚め、異星人との安心感の消失からの寂しさと、帰ってきた安心感で不思議な気持ちの朝でした。

 

これは大人になるまで夢だとおもっていた所があるのですが、飲みの席でオカルトっぽい話をした時、後に友人から「さっきの路朗さんの話の様な気がする」と言われ、思えば何で幼かった頃の夢を当時のまま覚えているんだ?など考えていました。

 

それでオレンジ色の異星人の資料はないか? と探したりしていましたが、先程このサイトで見た「クリスタル都市」の写真を見て、もしこの話を取り上げていただけるなら、もしかするともっとこの「夢のような話」や「自分の事」をもう少し深く掘り下げることができるかもしれないと思ったわけです。

月面の都市遺跡やクリスタル・タワーについての噂はかねがねありますが、40年以上前に、もしかすると、目撃した人が……! オレンジ色の異星人は、昆虫型エイリアンでしょうか。月面の構造物について、また思い出すことがあれば……ご投稿ください。

  • 1

この記事と同じトピックを探す

関連記事

編集部おすすめ

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  • トータル